三国志5 武将 傅士仁(士仁)

傅士仁(ふしじん)

三国志5 武将 傅士仁士 仁(し じん、生没年不詳)

『三国志』楊戯伝が引用する『季漢輔臣賛』などでは「士仁」とするが、関羽伝のみ「傅士仁(ふしじん)」となっており、『資治通鑑』・『三国志演義』などもこの表記を継承している。

 

劉備の最古参の部下の1人とあるが不明な部分が多い。

 

劉備に仕える将軍として荊州の公安城(江陵に隣接する)に駐屯し、南郡太守である糜芳と共に荊州の守備を任されていた。

 

二人とも荊州の軍事総督である関羽と常日頃から折り合いが悪く、関羽が樊城に向けて出陣すると、二人は軍需物資の補給などの後方支援に全力を尽くさなかった。

 

関羽が「帰還した暁には処罰してやる」と言ったため、以後不安を感じるようになり、孫権がこれを聞きつけて誘いをかけると両者は内通するようになり自ら使いを出して孫権軍を迎え入れたという。

 

『三国志』呉書呂蒙伝では、関羽が公安の留守兵を呂蒙の計略に掛かったために、曹操との戦いにまわしてしまったため、呂蒙は関羽に気づかれることなく南郡まで到達し、士仁らは単に降るとあり内通してたかは言及されてない。

 

『三国志演義』では虞翻の親友にされている。

 

関羽の敵討ちのために攻めてきた蜀軍に怯え、糜芳と共に馬忠を斬り、その首級を持って呉から離反する。

 

劉備に命乞いするも許されず、劉備自らの手で糜芳と共に斬り殺されている。

 

wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 傅士仁【火計・混乱・同討・鼓舞・伏兵・遠矢】

陣形

【鋒矢の陣】(ほうし)山岳型戦闘で『突撃』が実行可能で攻撃的陣、山や森林の地形では機動力がるだが、防御には弱い、だが研究で新兵器『戦車』を開発すれば少しは弱点を補える。  

新兵器『戦車』を開発・【無】

攻撃力・A 防御力・D 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・A 射程2  

新兵器『戦車』を開発・【有】

攻撃力・A 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・C 機動力・A 射程2

 

【衡軛の陣】(こうやく)

山岳型山や森林で高い防御力を誇る陣形。横からの攻撃に対しても防御力が落ちないので、高山など、進入不可能な地形を背に戦えば、敵に囲まれてもかなりの間持ちこたえることができる。

関連兵器なし

攻撃力・D 防御力・B 弓攻撃力・B 弓防御力・B 機動力・D 射程2

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 傅士仁武力【武】60 知力【知】48 魅力【魅】14 政治【政】31

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値45150・勇名3920