三国志5 武将 張宝

張宝(ちょうほう)

三国志5 武将 張宝張 宝(ちょう ほう、? - 184年)

黄巾党の指導者の一人。兄は張角。

 

弟は張梁。地公将軍と自称した。

 

兄の張角が黄巾の乱を起こすと弟の張梁と共にこれを補佐した。

 

張角は既に反乱を起こしたときに病の身であったため、実質的には張宝が指揮を執っていたといわれている。

 

しかし朝廷の討伐軍が態勢を整えると、黄巾軍は敗北し広宗に籠城した。

 

また籠城中に張角が病死し、張梁も戦死したという。

 

残る張宝は下曲陽に籠城したが、皇甫嵩率いる討伐軍に大敗し、首を京観として城南の塚に埋められた。

 

小説『三国志演義』では張宝は妖術を使うことを得意とし、その妖術をもって官軍を何度も撃破しているが、朱儁の策で術を破られ敗走し、部下の厳政に殺されている。

wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 張宝【混乱・治療・雨乞・伏兵・幻術・妖術】

陣形

【箕形の陣】(きけいのじん)

平地型の陣形平地向きの陣形。攻撃を受けた時に敵の損害を負傷だけにとどめ、脂肪率を下げることができる。城の上など、回復が可能な場所に陣取ると効果的で、どちらかといえば射撃戦向き。

関連兵器なし

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・B 弓防御力・B 機動力・D 射程2  

 

【鶴翼の陣】(かくよく)

平地型唯一『一斉攻撃』が実行できる陣形。一斉攻撃は非常に強力なので城にこもった敵を複数の味方部隊で包囲したとき使える。弓の攻撃力は高いので射撃戦には有利。

関連兵器なし

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・A 弓防御力・D 機動力・C 射程2

 

【鋒矢の陣】(ほうし)

山岳型戦闘で『突撃』が実行可能で攻撃的陣、山や森林の地形では機動力がるだが、防御には弱い、だが研究で新兵器『戦車』を開発すれば少しは弱点を補える。  

新兵器『戦車』を開発・【無】

攻撃力・A 防御力・D 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・A 射程2  

新兵器『戦車』を開発・【有】

攻撃力・A 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・C 機動力・A 射程2

 

【雁行の陣】(がんこうのじん)

平地型弓での攻撃に特化した陣形。弓攻撃・弓防御は各陣形中最高、射程も長い。敵と接しての攻撃力は最低なので、味方部隊の後ろから援護射撃が適している。

関連兵器なし

攻撃力・D 防御力・B 弓攻撃力・A 弓防御力・A 機動力・B 射程3

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 張宝武力【武】82 知力【知】72 魅力【魅】91 政治【政】42

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値32734・勇名5000