三国志5 武将 袁尚

袁尚(えんしょう)

三国志5 武将 袁尚袁 尚(えん しょう、? - 建安12年9月(207年))

袁紹は建安7年(202年)に病没するまで、後継者を明確に指名しなかった。

 

後継者問題については、袁紹軍幕僚の郭図・辛評が袁譚を後継者に推し、『後漢書袁紹伝によれば、衆目も年長の袁譚支持だった、としている。

 

しかし同幕僚の逢紀・審配は、郭図・辛評との個人的対立などもあり、袁紹の生前の寵愛を理由に袁尚を後継者として強硬に擁立した。

 

上記袁紹伝によれば、審配らは袁紹の遺言を偽造したとしている。

 

これにより袁尚が後継を宣言すると、母の意を受けて、袁紹の寵妾5人を族滅した。

 

最後は遼東の公孫康を頼って落ち延びた。

曹操を恐れた公孫康は、袁煕袁尚を斬って曹操への手土産にしようと企み、2人を偽って歓迎した。

 

これに袁煕が疑いを抱いたが、袁尚公孫康の軍を奪い取ろうと考えていたため、そのまま公孫康の下に向かった。

 

公孫康は、到着した袁煕袁尚を取り押さえて斬首し、2人の首級を曹操のもとに送り届けた。

 

小説『三国志演義』でも、美貌で武勇に優れる若武者として登場している。

倉亭の戦いでは、史渙を一騎討ちで討ち取る活躍を見せている。

その後はほぼ史実通りの展開だが、兄の袁譚との口論、一騎討ちという脚色まで加わり、わがまま振りや無能振りがさらに強調されている。

wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 袁尚【火計・消化。伏兵・火矢・無双・遠矢】

陣形

【錐行の陣】

平地型の陣形機動性を重視した強襲用の陣形。素早く敵に接近することに向いている。弓攻撃力・弓防御力は最低なので射撃戦には向かない。研究で『強化騎兵』があれば攻撃力・防御力が更に上昇する。

強化騎兵 【無】

攻撃力・C 防御力・C 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・S 射程2

強化騎兵 【有】

攻撃力・A 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・S 射程2

 

【鈎行の陣】(こうこうの陣)

山岳型の陣形山岳及び森林に適している。攻撃を受けた際に兵士が死亡せず、負傷するだけに止まる確率が高い。負傷した兵は回復可能なので実質的な兵の損耗が減らせる。防御向きの陣形である。

連弩  【無】

攻撃力・D 防御力・B 弓攻撃力・B 弓防御力・A 機動力・B 射程2

連弩  【有】

攻撃力・D 防御力・B 弓攻撃力・A 弓防御力・A 機動力・B 射程3

 

【偃月の陣】(えんげつ)

平地型の陣形クリティカルヒット(攻撃力が2倍)発生確率が上がる陣形で、クリティカルヒットは武将の勇名な高いほど発生しやすく、勇名が高い武将にこの陣形を使わせると効果的。  

関連兵器はなし

攻撃力・B 防御力・B 弓攻撃力・C 弓防御力・C 機動力・D 射程2

 

【長蛇の陣】(ちょうだ)

山岳型山林で驚異的な機動力を発揮する陣形。防御力・攻撃力はさほどではないので、遠くの敵に接近するのに使うと良い。新兵器である『筒袖鎧』で防御力と弓防御力を高められる。『筒袖鎧』(とうしゅうがい、つつそでよろい)は、中国の甲冑・鎧の形式の一つ。古代中期に用いられた。

新兵器『筒袖鎧』を開発・【無】

攻撃力・C 防御力・C 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・S 射程2

新兵器『筒袖鎧』を開発・【有】

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・B 機動力・S 射程2

 

【水陣】(すいじん)

水上型唯一の水上専用陣形。陸上では防御力が激減するので役に立たないが水上では無敵の陣形に変身する。新兵器の『楼船』(ろうせん)があれば攻撃・防御・弓防御が上がる。

新兵器『楼船』を開発・【無】

攻撃力・B 防御力・B 弓攻撃力・C 弓防御力・B 機動力・A 射程2

新兵器『楼船』を開発・【有】

攻撃力・A 防御力・A 弓攻撃力・C 弓防御力・A 機動力・A 射程2

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 袁尚武力【武】71 知力【知】47 魅力【魅】77 政治【政】42

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値24555・勇名2558