三国志5 武将 法正

法正(ほうせい)

三国志5 武将 法正法 正(ほう せい、176年 - 220年)

建安元年(196年)、飢饉に遭ったため同郷の孟達と共に益州牧の劉璋に身を寄せた。

久しくして劉璋の下では新都県令や軍議校尉に就いた。

任用されず、またその州邑人で倶に僑客となっていた者に節行の無さを誹謗された。

その後、かねてから「劉璋では大事を成せない」と考えていた法正は、親友の張松と共に劉備益州攻略に協力することにした。

法正は張松と共に劉璋に進言し、曹操と断交させ劉備と盟約を結ばせた。

更に張魯の脅威を利用して劉璋を再び動かし、劉備の下に使者として赴き、密かに自身や張松と協力して、劉備益州へ入るよう勧めた。

個人的に親しかった彭羕が劉備への仕官を求めてきた際には、龐統と共にこれを推挙している(『蜀書』彭羕伝)。

 

その後、鄭度が劉璋に対し焦土作戦を進言したと聞いた劉備が、どう対処すべきかこれを法正に相談すると、法正は劉璋にはその作戦が実行できないと予測し、降伏を勧告する手紙を劉璋に送った。

同年(214年)に成都が包囲されると、劉璋は間もなく降伏した。

 

劉備益州の支配に成功すると、その功績により蜀郡太守・揚武将軍に任じられ、中央の政治に諸葛亮と共に当たるとともに、劉備の策謀相談役となった(『蜀書』先主伝)。

元の蜀郡太守であった許靖は、劉璋が敗北しそうになると劉備への投降を図ったことから、劉備に疎まれていた。

しかし名声の高い人物であったため、法正はその虚名を利用するよう勧めた。

またこの後、孫夫人から離縁された劉備に呉氏(呉懿の妹、後の穆皇后)を娶るよう説得している。

諸葛亮と法正は性向が異なっていたが(『蜀書』法正伝)、公の立場に立って互いに認め合っていた。

また、諸葛亮は常に法正の智術を高く買っていたため、法正の蜀郡太守としての不公正な振る舞いも容認した。

益州の内、かつて張魯が治めていた漢中は曹操支配下にあり、夏侯淵張郃が駐屯していた。

同年(217年)、曹操軍の内情を分析した法正は劉備に漢中侵攻を勧め、自身も軍師として従軍した。劉備の下で適切な進言を行いつつ、同年(219年)の定軍山の戦いでも軍監として策を献じ、黄忠に命じて夏侯淵を斬らせるなど見事勝利に導いている。

 

法正の献策を聞き知った曹操は「劉備があのような策を考え付くはずがない。

誰かに教えられたに違いないと思っていた」と語ったという。

また「わしは有能な人材をほぼ全て集めたが、なぜ法正のみ手に入れられなかったのだろうか」とも述べた。

その後、劉備が遠征してきた曹操を退け、漢中を制覇し漢中王を称すると、尚書令・護軍将軍に任じられたが、翌年(220年)に病死した。

劉備は何日間も彼を悼み、翼侯という諡号を諡った。

 

章武2年(222年)、夷陵の戦い劉備が大敗した際、諸葛亮は「もし法孝直が生きていれば、陛下(劉備)の東征を止められたはずだ。

仮に止められなくとも、今回のような大敗はしなかったろうに」と嘆いている。wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 法正【火計・伏兵・火矢・速攻・沈着・土砂】

陣形

【鶴翼の陣】(かくよく)

平地型唯一『一斉攻撃』が実行できる陣形。一斉攻撃は非常に強力なので城にこもった敵を複数の味方部隊で包囲したとき使える。弓の攻撃力は高いので射撃戦には有利。

関連兵器なし

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・A 弓防御力・D 機動力・C 射程2

 

【魚鱗の陣】

平地型平地形で「突撃」を実行できる陣形。攻撃力は全陣形中で最も最高。しかし、防御力・弓防御力は最低で、ある程度の損害を覚悟の上でとにかく早く敵を倒したい時に使う陣形。

関連兵器なし

攻撃力・A 防御力・D 弓攻撃力・C 弓防御力・D 機動力・A 射程2

 

【偃月の陣】(えんげつ)

平地型の陣形クリティカルヒット(攻撃力が2倍)発生確率が上がる陣形で、クリティカルヒットは武将の勇名な高いほど発生しやすく、勇名が高い武将にこの陣形を使わせると効果的。  

関連兵器はなし

攻撃力・B 防御力・B 弓攻撃力・C 弓防御力・C 機動力・D 射程2

 

【長蛇の陣】(ちょうだ)

山岳型山林で驚異的な機動力を発揮する陣形。防御力・攻撃力はさほどではないので、遠くの敵に接近するのに使うと良い。新兵器である『筒袖鎧』で防御力と弓防御力を高められる。『筒袖鎧』(とうしゅうがい、つつそでよろい)は、中国の甲冑・鎧の形式の一つ。古代中期に用いられた。

新兵器『筒袖鎧』を開発・【無】

攻撃力・C 防御力・C 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・S 射程2

新兵器『筒袖鎧』を開発・【有】

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・B 機動力・S 射程2

 

【方円の陣】(ほうえんの陣)

平地型の陣形防御に徹した陣形。どの方向から攻撃をされても防御が変わらないため、包囲されても不利にはならない。攻撃力は低いが『発石車』があれば弓攻撃力が飛躍的に上がる。

発石車  【無】

攻撃力・D 防御力・A 弓攻撃力・D 弓防御力・A 機動力・D 射程3

発石車  【有】

攻撃力・D 防御力・A 弓攻撃力・A 弓防御力・A 機動力・D 射程3

 

 【水陣】(すいじん)

水上型唯一の水上専用陣形。陸上では防御力が激減するので役に立たないが水上では無敵の陣形に変身する。新兵器の『楼船』(ろうせん)があれば攻撃・防御・弓防御が上がる。

新兵器『楼船』を開発・【無】

攻撃力・B 防御力・B 弓攻撃力・C 弓防御力・B 機動力・A 射程2

新兵器『楼船』を開発・【有】

攻撃力・A 防御力・A 弓攻撃力・C 弓防御力・A 機動力・A 射程2

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 法正武力【武】50 知力【知】94 魅力【魅】67 政治【政】89

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値32171・勇名5566