三国志5 武将 李典

李典(りてん)

三国志5 武将 李典李 典(り てん、生没年不詳)

李典は若いころ学問を好み、軍事は好きではなかった。

先生について『春秋左氏伝』をはじめ多くの書物に親しんだ。

 

建安7年(202年)、曹操が黎陽の袁譚袁尚を攻撃した際、李典は程昱とともに船で兵糧を輸送した。

袁尚は魏郡太守の高蕃に命じて水路を遮断させていた。

曹操はあらかじめ「船が通れないなら陸路を行くように」と命じていたが、李典は「高蕃の軍はよろいをつけた兵が少なく、水に頼りきって油断をしているから攻撃すれば必ず勝てる。

軍は朝廷に統御されず、国家の利益になるならば専断は許される。

速やかに攻撃すべきだ」と主張した。

程昱は同意し、高蕃に急襲をかけて打ち破り、水路を回復させた。

 

建安20年(215年)の合肥の戦いの際、李典は張遼楽進とともに七千人余りの兵を連れて合肥に駐屯していた。

孫権に十万の軍で城を包囲されると、張遼曹操の命令を奉じて出撃しようとした。

しかし三人は普段から不仲だったため、張遼は彼らが賛同しないことを恐れた。

李典は慨然として「これは国家の大事であり、計略がどうであるかを顧みるだけだ。我々は個人的な恨みで公の道義を忘れるべきではない」と言い、張遼と共に孫権軍を破って敗走させた。100戸の加増を受け300戸となった。

李典は学問を好み、儒家やその思想を貴んだ。

諸将と功績を争わず、士大夫を敬い、慎み深く誠実であったので、軍中ではその長者ぶりを称えられた。

36歳で逝去し、子の李禎が後を継いだ。

 

小説『三国志演義』では、216年の濡須口の戦いでは、曹操が40万以上の軍勢を率いて呉に攻め、李典は徐盛に敗れる。wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 李典【同討・消化・伏兵・火矢・速攻・遠矢】

陣形

【箕形の陣】(きけいのじん)

平地型の陣形平地向きの陣形。攻撃を受けた時に敵の損害を負傷だけにとどめ、脂肪率を下げることができる。城の上など、回復が可能な場所に陣取ると効果的で、どちらかといえば射撃戦向き。

関連兵器なし

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・B 弓防御力・B 機動力・D 射程2

 

【偃月の陣】(えんげつ)

平地型の陣形クリティカルヒット(攻撃力が2倍)発生確率が上がる陣形で、クリティカルヒットは武将の勇名な高いほど発生しやすく、勇名が高い武将にこの陣形を使わせると効果的。  

関連兵器はなし

攻撃力・B 防御力・B 弓攻撃力・C 弓防御力・C 機動力・D 射程2

 

【方円の陣】(ほうえんの陣)

平地型の陣形防御に徹した陣形。どの方向から攻撃をされても防御が変わらないため、包囲されても不利にはならない。攻撃力は低いが『発石車』があれば弓攻撃力が飛躍的に上がる。

発石車  【無】

攻撃力・D 防御力・A 弓攻撃力・D 弓防御力・A 機動力・D 射程3

発石車  【有】

攻撃力・D 防御力・A 弓攻撃力・A 弓防御力・A 機動力・D 射程3

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 李典武力【武】78 知力【知】81 魅力【魅】69 政治【政】49

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値30000・勇名4480