三国志5 武将 王修

王修(おうしゅう)

三国志5 武将 王修王 修(おう しゅう、生没年不詳)

王修は若いころの王基・高柔らの才能を見抜いたため、人を見る目が優れていると賞賛された。

建安21年(216年)、大司農兼郎中令へ昇進したが、在職中に死去した。

小説『三国志演義』でも登場する。袁尚と和睦するよう袁譚に諫言した場面では、その怒りを買って退けられているが、それ以降は史実通りの展開となっている。

wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 王修【火計・収拾・落石・伏兵・激励・反計】

陣形

【魚鱗の陣】

平地型平地形で「突撃」を実行できる陣形。攻撃力は全陣形中で最も最高。しかし、防御力・弓防御力は最低で、ある程度の損害を覚悟の上でとにかく早く敵を倒したい時に使う陣形。

関連兵器なし

攻撃力・A 防御力・D 弓攻撃力・C 弓防御力・D 機動力・A 射程2

 

【偃月の陣】(えんげつ)

平地型の陣形クリティカルヒット(攻撃力が2倍)発生確率が上がる陣形で、クリティカルヒットは武将の勇名な高いほど発生しやすく、勇名が高い武将にこの陣形を使わせると効果的。  

関連兵器はなし

攻撃力・B 防御力・B 弓攻撃力・C 弓防御力・C 機動力・D 射程2

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 王修武力【武】39 知力【知】62 魅力【魅】69 政治【政】67

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値51000・勇名3660