三国志5 武将 鄧芝

鄧芝(とうし)

三国志5 武将 鄧芝

鄧 芝(とう し、?- 251年)

鄧芝は諸葛亮に請われて呉に使いし、蜀との和平に消極的となっていた孫権を相手に、巧みな弁舌で修好を回復させた。

孫権は魏と断交し、蜀と再び同盟を結ぶことを決め、張温を使者として蜀に送った。

孫権諸葛亮に手紙を送り「以前派遣された使者の丁厷は軽薄であり、陰化は言葉が足らなかった。両国が修好できたのは鄧芝のおかげである」と語った。

呉に使いして以降、孫権から鄧芝へ何度か手紙や贈物があった。

 

248年、涪陵郡(現在の重慶市)で豪族の徐巨による反乱があったが、これを鎮圧して民衆を安堵させた。

鄧芝は遠征の帰途に猿の母子を見つけた。

彼は昔から弩を扱うのを好んでおり、それを目掛けて矢を射ると母猿に当たった。

すると子猿は母に刺さった矢を抜き、木の葉で傷口をふさごうとした。

これを見た鄧芝は、生き物の尊厳を傷つけたことを悔い、弩を水中に投げ込み自身の死期を悟ったという。

251年に死去した。

子の鄧良が跡を継いで尚書左選郎となり、鄧艾が成都に迫ると降伏の使者として鄧艾に接見し、西晋において父と同じく広漢太守となっている。

 

小説『三国志演義』では、孫権が蜀の使者を脅すために置いた熱された大釜を罵倒。

それに怒った孫権を諭した上で、命がけで同盟を結ぶと言い釜に飛び込もうとした。

これに驚いた孫権は感服し、蜀と再び同盟を結ぶという演出がなされている。wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 鄧芝

【収拾・鼓舞・消火・火矢・強行・沈着】

陣形

【箕形の陣】(きけいのじん)

平地型の陣形平地向きの陣形。攻撃を受けた時に敵の損害を負傷だけにとどめ、脂肪率を下げることができる。城の上など、回復が可能な場所に陣取ると効果的で、どちらかといえば射撃戦向き。

関連兵器なし

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・B 弓防御力・B 機動力・D 射程2

 

【長蛇の陣】(ちょうだ)

山岳型山林で驚異的な機動力を発揮する陣形。防御力・攻撃力はさほどではないので、遠くの敵に接近するのに使うと良い。新兵器である『筒袖鎧』で防御力と弓防御力を高められる。『筒袖鎧』(とうしゅうがい、つつそでよろい)は、中国の甲冑・鎧の形式の一つ。古代中期に用いられた。

新兵器『筒袖鎧』を開発・【無】

攻撃力・C 防御力・C 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・S 射程2

新兵器『筒袖鎧』を開発・【有】

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・B 機動力・S 射程2

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 鄧芝武力【武】56 知力【知】85 魅力【魅】91 政治【政】79

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値45178・勇名4580