三国志5 武将 董允

董允(とういん)

三国志5 武将 董允董 允(とう いん、? - 246年)

章武元年(221年)、劉備が皇帝に即位して劉禅を皇太子に立てると、その側近(太子舎

人、次いで太子洗馬)として抜擢された。

建興元年(223年)、劉禅の即位後は黄門侍郎に任じられた。

費禕は北伐の随員となり、また郭攸之も大人しい性格であったため、諫言するのは専ら董允の役割となった。

劉禅は常々、美人を選び後宮を満たしたいと望んでいたが、董允は「古代にあっては、天子の后妃の数は十二人に過ぎません。今、宮女は既に揃っているので、増やすのは適当ではありません」と主張し、あくまで承知しなかった。

このため、劉禅はさらに董允を憚るようになった。

建興13年(235年)、蔣琬は益州刺史に任命されると費禕董允にその地位を譲ろうとしたが、董允はこれを固辞した。

劉禅は成長するに従い、黄皓を寵愛するようになったが、董允から厳しく諌められている。

このため、董允存命中において黄皓は黄門丞の地位に留まり、悪事を働くことはできなかった。

延熙9年(246年)に死去した。

董允の没後、劉禅を諫め黄皓の専横を防ぐ人物は現れず、劉禅は亡くなった董允を日に日に疎ましく思うようになった。

後に黄皓は政治を壟断して国を滅ぼすに至ったため、蜀の人々で董允を追慕しない者はいなかったという。

蜀の人々は諸葛亮費禕・蔣琬・董允を、「四英」または「四相」と呼んだ。

三国志』蜀書に独立した伝がある。

wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 董允【混乱・収拾・鼓舞・消火・落石・沈着】

陣形

【衡軛の陣】(こうやく)

山岳型山や森林で高い防御力を誇る陣形。横からの攻撃に対しても防御力が落ちないので、高山など、進入不可能な地形を背に戦えば、敵に囲まれてもかなりの間持ちこたえることができる。 

関連兵器なし

攻撃力・D 防御力・B 弓攻撃力・B 弓防御力・B 機動力・D 射程2

 

【方円の陣】(ほうえんの陣)

平地型の陣形防御に徹した陣形。どの方向から攻撃をされても防御が変わらないため、包囲されても不利にはならない。攻撃力は低いが『発石車』があれば弓攻撃力が飛躍的に上がる。 

発石車  【無】 

攻撃力・D 防御力・A 弓攻撃力・D 弓防御力・A 機動力・D 射程3 

発石車  【有】 

攻撃力・D 防御力・A 弓攻撃力・A 弓防御力・A 機動力・D 射程3

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 董允武力【武】20 知力【知】84 魅力【魅】70 政治【政】90

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値51404・勇名1670

三國志V with パワーアップキット|オンラインコード版