<

三国志5 武将 牛金

牛金(ぎゅうきん)

三国志5 武将 牛金牛 金(ぎゅう きん、生没年不詳)

魏志曹仁伝においては、曹仁に従って各地を転戦した将として記述がある。

赤壁の戦い後に、周瑜率いる孫権軍6千人が江陵に攻め込んで来た時、牛金は僅か300人でこれを迎撃した。

奮戦したが、所詮は多勢に無勢で、後一歩で危うく討たれるところであった。

しかし、牛金の身を案じた曹仁が救援に駆け付けたため、危機を乗り越えた。

これが南郡や樊城をも含む荊州北部の江陵攻防戦である。

後に魏の後将軍に出世している。また、『晋書』「宣帝本紀」(宣帝とは司馬懿の事)においては、235年に魏に攻めて来た蜀漢馬岱を勅命で迎え撃ち、馬岱に千余人の犠牲者を出させ撤退に追い込んでいる。

また239年には、司馬懿公孫淵征討に従軍するなど、司馬懿に従って転戦する将軍としても記述されている。

後に司馬懿によって毒殺されたといわれるが、真偽の程は定かではない。

「玄石図」という石碑の表面に「馬の後を継ぐのは牛である」という言葉が浮かび上がっていた。

そのため司馬懿は牛氏(牛金のこと)を深く恨み、毒が入った酒を牛金に飲ませて殺害した、と述べているとする。

また、司馬懿の曾孫司馬覲の妃の夏侯光姫(字は銅環)は、小役人の牛氏(牛金とは別人。孫盛『晋陽秋』によれば、名は牛欽とする)と密通して、東晋の初代皇帝になる司馬睿を生んだ、という話が『晋書』「元帝本紀」にある。

なお、この『晋書』より先に、『魏書』(北魏書)の司馬叡伝(司馬睿のこと。)に、「僭晋の司馬叡、字は景文,晋の将、牛金の子也。

(司馬覲の妃の)譙国の夏侯氏,字は銅環,金と姦通し、遂に叡を生む,因って司馬の姓を冒す」と記録されているが、牛金が276年生まれの司馬睿の父親であるとは考えにくく、また『魏書』は南朝と敵対していた北斉が編纂したものであり真偽の程は不明である。

上記の通り牛金司馬懿に毒殺されたことも、東晋元帝が牛氏の血筋を引いていることも確証はない。wikiより

覚える特殊能力 

三国志5 武将 牛金【同討・鼓舞・伏兵・奮迅・無双・強行】

陣形

【魚鱗の陣】

平地型平地形で「突撃」を実行できる陣形。攻撃力は全陣形中で最も最高。しかし、防御力・弓防御力は最低で、ある程度の損害を覚悟の上でとにかく早く敵を倒したい時に使う陣形。 

関連兵器なし

攻撃力・A 防御力・D 弓攻撃力・C 弓防御力・D 機動力・A 射程2 

 

【鋒矢の陣】(ほうし)

山岳型戦闘で『突撃』が実行可能で攻撃的陣、山や森林の地形では機動力がるだが、防御には弱い、だが研究で新兵器『戦車』を開発すれば少しは弱点を補える。

新兵器『戦車』を開発・【無】

攻撃力・A 防御力・D 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・A 射程2  

新兵器『戦車』を開発・【有】

攻撃力・A 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・C 機動力・A 射程2

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 牛金武力【武】81 知力【知】39 魅力【魅】58 政治【政】24

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値46200・勇名7550

三國志V with パワーアップキット|オンラインコード版