三国志5 武将 辛毗

辛毗(しんぴ)

三国志5 武将 辛毗辛 毗(しん ぴ、生没年不詳)

先祖は、建武年間に隴西郡から東方に移住してきた一族だという。

若い頃は陳羣・杜襲・趙儼と並んで名が知られていた(「趙儼伝」)。

兄が袁紹重臣であったため、辛毗も兄に付いて袁紹に従っていた。

曹操が司空になると召し寄せられたが、応じることができなかった。

袁紹の死後は袁譚に仕えた。袁譚袁紹の跡を継いだ袁尚と争った末に、弱体化したところを曹操に攻められ窮地に陥ったため、辛毗を和睦の使者として、曹操の元に派遣した。この決定については使者の人選も含めて、郭図の進言が大きかったという(『英雄記』)。

234年、蜀の諸葛亮が渭南に進撃してきた(五丈原の戦い)。

司馬懿が、以前より何度か蜀との交戦を願い出ており、今回は軍を押さえきれない様子であったため、曹叡は辛毗を大将軍軍師・使持節に任命し、出撃に逸る諸将たちを押し留めさせようと派遣した。

辛毗が派遣されると、全軍は粛然となり、主将の司馬懿以下、諸将はみな辛毗の指示に従ったという。諸葛亮が死去し蜀軍が撤退した後、中央に帰還し衛尉に復職した。

没年は不明だが死後、粛侯と諡された。

小説『三国志演義』では名前は辛毘と表記されている。wikiより 

www.opio8.com

覚える特殊能力

三国志5 武将 辛毗

【混乱・同討・収拾・激励・火矢・沈着】

陣形

【箕形の陣】(きけいのじん)

平地型の陣形平地向きの陣形。攻撃を受けた時に敵の損害を負傷だけにとどめ、脂肪率を下げることができる。城の上など、回復が可能な場所に陣取ると効果的で、どちらかといえば射撃戦向き。 

関連兵器なし 

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・B 弓防御力・B 機動力・D 射程2  

 

【鶴翼の陣】(かくよく)

平地型唯一『一斉攻撃』が実行できる陣形。一斉攻撃は非常に強力なので城にこもった敵を複数の味方部隊で包囲したとき使える。弓の攻撃力は高いので射撃戦には有利。 

関連兵器なし

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・A 弓防御力・D 機動力・C 射程2

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 辛毗武力【武】41 知力【知】72 魅力【魅】82 政治【政】80

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値47000・勇名4150

三國志V with パワーアップキット|オンラインコード版