<

三国志5 武将 樊建

樊建(はんけん)

三国志5 武将 樊建

樊 建(はん けん、生没年不詳)

三国志』蜀志に独立した伝はないが、「諸葛亮伝」に記録がある。

 

諸葛亮の死後、董厥の後任として尚書令となった。

251年には校尉の地位であったが、このとき呉への使者として赴いた。

孫権は重病で樊建と直接対面することができなかったため、諸葛恪に対し樊建の人物を、かつて使者として呉を訪れた宗預と比較する形で尋ねた。

諸葛恪は「宗預に才能・見識では及ばないが、性質では優っている」と評した。

後に侍中・尚書令となった。261年に諸葛瞻と董厥が平尚書事になると、樊建と三名で国政を預かることとなった。

黄皓が政治の実権を握るようになっていたが、樊建らはお互いに庇い合うのみで、政治の歪みを正すことはできなかった。

ただし、樊建だけは黄皓と私的に親しくすることはなかったという。

263年、魏が蜀に侵攻し、劉禅は降伏した。

翌年春、劉禅が一家揃って洛陽へ移送されることになると、樊建は董厥と共に従った。洛陽に到着すると、旧蜀の群臣たちとともに列侯に封じられた(「後主伝」)。

その後、董厥と共に相国参軍となり、秋には董厥と共に散騎常侍を兼任した上で、蜀の民心鎮撫に努めたという。

西晋の給事中であったとき、司馬炎武帝)に諸葛亮の治世について質問されると、これを賞賛して述べた。

司馬炎もこれを受けて諸葛亮を賞賛すると、先に成都において鍾会の讒言で冤罪で誅殺されていた鄧艾の罪の赦免を、平伏して嘆願した。司馬炎は笑ってこれを容認したという(「諸葛亮伝」が引く『漢晋春秋』)。

 

小説『三国志演義』では、諸葛亮に従い文官として北伐に参加している。諸葛亮から杖刑を受けた馬岱を慰める役目を果たした。wikiより

www.opio8.com

覚える特殊能力

三国志5 武将 樊建

【火計・混乱・収拾・鼓舞・消化・激励】

陣形

【鈎行の陣】(こうこうの陣)

山岳型の陣形山岳及び森林に適している。攻撃を受けた際に兵士が死亡せず、負傷するだけに止まる確率が高い。負傷した兵は回復可能なので実質的な兵の損耗が減らせる。防御向きの陣形である。 

連弩  【無】 

攻撃力・D 防御力・B 弓攻撃力・B 弓防御力・A 機動力・B 射程2 

連弩  【有】 

攻撃力・D 防御力・B 弓攻撃力・A 弓防御力・A 機動力・B 射程3

 

【方円の陣】(ほうえんの陣)

平地型の陣形防御に徹した陣形。どの方向から攻撃をされても防御が変わらないため、包囲されても不利にはならない。攻撃力は低いが『発石車』があれば弓攻撃力が飛躍的に上がる。 

発石車  【無】 

攻撃力・D 防御力・A 弓攻撃力・D 弓防御力・A 機動力・D 射程3 

発石車  【有】 

攻撃力・D 防御力・A 弓攻撃力・A 弓防御力・A 機動力・D 射程3

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 樊建

武力【武】29 知力【知】68 魅力【魅】68 政治【政】65

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値42039・勇名1650