<

三国志5 武将 諸葛瞻

諸葛瞻(しょかつせい)

三国志5 武将 諸葛瞻

諸葛 瞻(しょかつ せん、227年-263年)

丞相諸葛亮の子。子は諸葛尚・諸葛京らがいる。

 

諸葛亮は黄承彦の娘(黄夫人)を妻としていたが(『襄陽記』)、諸葛瞻の生母であるかどうかは明らかではない。

 

父の諸葛亮は234年、武功に出陣(北伐)するときに呉に仕える兄の諸葛瑾に対し手紙を送り、8歳になる諸葛瞻が見せる利発さと、早熟すぎて長じて大物になれないのではないかと心配する気持ちを伝えている。

父の諸葛亮が亡くなると、父の爵位である武郷侯を継ぎ、また周囲からの期待を受けた。17歳の時、皇帝劉禅の娘を娶る。

 

書画が巧みで、記憶力が良く、諸葛亮を追慕する人達から愛された。彼らは何か慶事があるたびに諸葛侯のおかげともてはやし、諸葛瞻は実力以上の評判を受けるようになったという。

 

蜀内での派閥

261年、董厥や樊建と共に国政を動かす地位となったが、劉禅が信任する宦官黄皓の専横にはなすすべもなく、諸葛瞻と董厥は黄皓と私的な関わりを持つようになったという。

 

262年、蜀の軍権を握る姜維の失脚を黄皓が願うようになると(「姜維伝」)

、董厥と共にこれに同調したが、成功しなかった。

諸葛瞻自身が姜維に代わって閻宇を取り立てるよう上奏したともいわれる

(孫盛『異同記』)。

閻宇については黄皓と結託していたと明記されている(「姜維伝」)。

 

蜀滅亡・戦死

263年、魏の大軍が蜀に侵攻し、姜維を始めとする防衛軍の大半が剣閣で釘付けとなる中、魏将の一人である鄧艾が陰平の間道を経由し、蜀の前線防衛陣を掻い潜って成都を突こうとした。このとき、諸葛瞻は劉禅の命により出撃する。

諸葛瞻は涪まで軍を進めて戦況をうかがうのみで積極的に迎撃に出ようとしなかったため、黄崇(黄権の子)にその指揮を批判された。

黄崇は涙を流しながら出撃を願ったが容れられなかった。

鄧艾は間道を経由し、江油の要害を難なく陥落させた。

諸葛瞻は先鋒隊が敗れたので涪より後退し、綿竹に陣営を構えた。

鄧艾は手紙を送り降伏を勧めたが諸葛瞻は受け入れず、激怒して鄧艾の使者を斬った。諸葛瞻は緒戦では魏軍を退けたが、鄧艾の猛攻の前に大敗した。

息子の諸葛尚や張遵(張飛の孫で張苞の子)、黄崇、李球(中国語版)(李恢の甥)と共に戦死した(蜀漢の滅亡)。

 

三国志演義』では、生母は黄夫人であると紹介されている。

宦官の黄皓の横暴に反発し病と称して門を閉ざしていたが、魏の侵攻が始まると、郤正の薦めを受けた劉禅によって召還されて出撃し、史実と同様に綿竹の守備につく。

一度目は父の木像と共に出陣し「諸葛亮が生きていた」と魏軍を混乱させ、二度目は諸葛尚の活躍で魏軍を敗退させている。

そして鄧艾から降伏して魏に仕えるよう迫られると、使者を斬ることでこれを拒絶し出撃するが今度は敗北し、呉に救援を求める使者を送り到着前に出撃し戦死している。

wikiより 

 

派閥が姜維VS黄皓、諸葛瞻、董厥といったところか?

戦闘の敗因も仲間割れって感じか、ビビって状況を伺っていたのだろうけど

まだ若すぎたんじゃないのかなと思います。

確か諸葛亮孔明臥龍岡を降りたのは27歳ぐらいだよな、10代20代前後は怒ると血が上りやすい傾向にある。

なので、これしょうがないんじゃないのかなと思います。

どんなに頭が良くても経験がなかったら、しんどいもんな、ましてや戦闘なんて一回失敗すれば死んでしまう、判断が難しいですね 

www.opio8.com

覚える特殊能力

三国志5 武将 諸葛瞻

【火計・鼓舞・伏兵・激励・火矢・反計】

陣形

【魚鱗の陣】

平地型平地形で「突撃」を実行できる陣形。攻撃力は全陣形中で最も最高。しかし、防御力・弓防御力は最低で、ある程度の損害を覚悟の上でとにかく早く敵を倒したい時に使う陣形。

 関連兵器なし

攻撃力・A 防御力・D 弓攻撃力・C 弓防御力・D 機動力・A 射程2

 

【雁行の陣】(がんこうのじん)

平地型弓での攻撃に特化した陣形。弓攻撃・弓防御は各陣形中最高、射程も長い。敵と接しての攻撃力は最低なので、味方部隊の後ろから援護射撃が適している。 

関連兵器なし

攻撃力・D 防御力・B 弓攻撃力・A 弓防御力・A 機動力・B 射程3

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 諸葛瞻

武力【武】70 知力【知】79 魅力【魅】81 政治【政】31

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値28816・勇名722