三国志5 武将 夏侯玄

夏侯玄(かこうげん)

三国志5 武将 夏侯玄

夏侯 玄(かこう げん、209年 - 254年)

父は夏侯尚。同母妹は夏侯徽(司馬師の前妻)(夏侯玄の妹・夏侯徽)。従兄弟は曹爽。

 

司馬師のライバル(ピクシブ百科事典)

内容はピクシブ百科事典を見た方が分かりやすいと思います。

イケメン説もある。(孫盛『雜語』)

 

夏侯玄・李勝・鄧颺・諸葛誕ら当時の名士は、互いに称号を付け合っていた。夏侯玄も「四聡」の1人に数えられた。しかし曹叡は、これを軽薄な評判を持て囃す風潮として嫌い、彼らを免職にしたという。

 

当時、曹爽の側近であった何晏と並ぶ評判を有していた。夏侯玄は何晏・司馬師とも交際し、何晏から司馬師と同じ優れた人物であると評価された(『魏氏春秋』)

 

司馬懿がクーデターで曹爽が処刑される。

その後、司馬懿が死去すると友人の許允が安心したが、夏侯玄は「あなたはなんて見通しが利かないんだ。あの人(司馬懿)は今回このようなことがあったというのに、私を以前から付き合いのある家の後輩として遇してくれた。しかし、子元(司馬師)・子上(司馬昭)が私たちに対して遠慮すると思うか」と述べ、許允の見通しの甘さを予測した(『魏略』)。

 

夏侯玄は李豊らとともに大逆罪に問われ、刑法により腰斬に処され、また三族皆殺しとなった。46歳であった。斬刑の場に臨んでも、夏侯玄は顔色一つ変えず、堂々とした様子だったという。

 

そして、夏侯玄の友人だった毌丘倹・諸葛誕は、反乱を起こすことになる。

 

夏侯玄は学者としても秀でており、「楽毅論」・「張良論」・「本無肉刑論」を著した。その文章は筋が通っており、世間に広く伝わったという(『魏氏春秋』)。とくに「楽毅論」は「書聖」王羲之が書写したことで有名である。小説『三国志演義』にも登場する。李豊らとともに司馬師の誅殺を企てるが発覚し、司馬師を罵倒しながら処刑されている。wikiより

ja.wikipedia.org

www.opio8.com

覚える特殊能力

三国志5 武将 夏侯玄

【同討・収拾・消火・落石・激励・沈着】

陣形

【方円の陣】(ほうえんの陣)

平地型の陣形防御に徹した陣形。どの方向から攻撃をされても防御が変わらないため、包囲されても不利にはならない。攻撃力は低いが『発石車』があれば弓攻撃力が飛躍的に上がる。

 発石車  【無】 

攻撃力・D 防御力・A 弓攻撃力・D 弓防御力・A 機動力・D 射程3 

発石車  【有】 

攻撃力・D 防御力・A 弓攻撃力・A 弓防御力・A 機動力・D 射程3 

 

【雁行の陣】(がんこうのじん)

平地型弓での攻撃に特化した陣形。弓攻撃・弓防御は各陣形中最高、射程も長い。敵と接しての攻撃力は最低なので、味方部隊の後ろから援護射撃が適している。 

関連兵器なし

攻撃力・D 防御力・B 弓攻撃力・A 弓防御力・A 機動力・B 射程3

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 夏侯玄武力【武】26 知力【知】73 魅力【魅】73 政治【政】91

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値50181・勇名2607