<

三国志5 武将 周倉

周倉

三国志5 武将 周倉

三国志演義』での周倉は、関羽の家来になりましたね

三国志 Three Kingdoms 第26話でも、周倉が出てきます。

その後、関平(多分)と周倉がその後戦闘時には関羽両サイドに付き従っていました。

 

自害せずに、周倉が蜀に残っていたら、後に五虎大将軍が少なくなっていた時でも

戦闘要員に困らなかったのかな?と思います。

また、関羽の息子で三男の関索伝の中でも登場する。

 

関索

12.関索入西川捉周倉、13.関索下西川劉備軍は目標の成都へ迫るが、成都の元帥周倉が抵抗。姜維が挑戦して敗れるが、花関索が熱戦の末に周倉を降伏させ、ついに成都入城を果たす。

覚える特殊能力

三国志5 武将 周倉

【火計・鼓舞・伏兵・火矢・無双・水神】

周倉は【水神】を覚えますね、水神とは

水計をかけられても全く被害を受けない。

さらに、雨が降っているときは、防御力が大幅に上がる。

水計は孫家と戦うとよく食らう計略の一つである。

それを無効にできる【水神】はかなり良い特殊能力と言える。

そして、雨が降った際に防御力アップと言う特典もある。

 

陣形・【鈎行の陣】【鋒矢の陣】【水陣】

 

【鈎行の陣】(こうこうの陣)

山岳型の陣形

山岳及び森林に適している。

攻撃を受けた際に兵士が死亡せず、負傷するだけに止まる確率が高い。

負傷した兵は回復可能なので実質的な兵の損耗が減らせる。

防御向きの陣形である。

 

連弩  【無】

 

攻撃力・D 防御力・B 弓攻撃力・B 弓防御力・A 機動力・B 射程2

 

【鋒矢(ほうし)の陣】

戦闘で『突撃』が実行可能で攻撃的陣、山や森林の地形では機動力がるだが、防御には弱い、だが研究で新兵器『戦車』を開発すれば少しは弱点を補える。

 

 新兵器『戦車』を開発・【無】の場合。

攻撃力・A 防御力・D 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・A 射程2

 

水上型 【水陣】(すいじん)

唯一の水上専用陣形。陸上では防御力が激減するので役に立たないが

水上では無敵の陣形に変身する。

新兵器の『楼船』(ろうせん)があれば攻撃・防御・弓防御が上がる。

 

新兵器『楼船』を開発・【無】の場合。

攻撃力・B 防御力・B 弓攻撃力・C 弓防御力・B 機動力・A 射程2

 

新兵器『楼船』を開発・【有】の場合。

攻撃力・A 防御力・A 弓攻撃力・C 弓防御力・ 機動力・A 射程2

パラメーター

三国志5 武将 周倉

武力【武】82 知力【知】29 魅力【魅】54 政治【政】31

一軍として周倉を戦闘要員で活躍したので経験値上がってました。

なので、どのくらで特殊能力を全部覚えるのか分かりませんが、大体このぐらいまで経験値をあげれば大丈夫でしょう。