おぴお

限界突破で更新します。

三国志5 武将 夏侯楙 (かこうぼう)

夏侯楙 子林

三国志Ⅴ 夏侯楙

三国志Ⅴ 夏侯楙

三国志Ⅴ 夏侯楙

夏侯楙 (かこうぼう)「かこうも」と読まれることもある。

見た感じあまり評価は良くないようです。

猛将・夏侯惇(かこうとん)の養子とされているのですが(奥義、正史では実子とされているそうだ、実の子だったら遺伝子的にバトルセンスが高いんじゃないのかというのが普通の考えではあるが、それが戦場となると話は別になるだろう、運が悪かったり若すぎるゆえに先人に突っ込んだり無茶しがちな点が考えられる。

例えるならばトロイのパトロクロスいたいな感じなのかな?

正直言って何千年も前の事だし、確実な資料なんて存在しないので、人間をステータスで決める事は如何なものかと思うが、これはあくまでもゲームという観点で話を進めて行こうと思います。

夏侯楙 (かこうぼう)と言うと北伐で諸葛孔明とバトっている、んでテンパって退場し逃亡って感じで、戦いたくなかったんだろうね

親父は武闘派だったけど子供はそんな戦いたくないよっていう感じで

 

ここで思うのは昔の時代と今の時代とでは価値観が全く違うという部分が大きい。

戦争ありきの昔の考えでは、クリエイティブという言葉はまずないのかもしれない

いや逆にクリエイティブな部分も大きいとは思うが、お絵かき大好きな君主がいたじゃん劉璋 季玉だっけか、劉備が入蜀した際にもぬけの殻となった劉璋の城の中に女性の絵のようなものがあって、劉備が『一日中酒色に耽っていたとは・・・』って言うシーンありましたね、このソースはドラマ三国志スリーキングダム空かで確認できると思います。YouTube で入蜀と検索すると出てくると思います。

昔で考えると戦争が少ない現代は夢のような進歩なのかもしれないですね

なので夏侯楙 (かこうぼう)は、単純に戦いたくなかったのかもしれませんね

俗に言う平和主義者ってやつかな、平和主義者っていう定義が難しいんだけどさ

ここを長引かせてもしょうがないので単純に、戦いたくない系男子だよね

wikiにもこうあるように

『魏略』によると、当時長安には安西将軍の夏侯楙が駐屯しており、彼が臆病で無策な人物であるということから、魏延は漢中における軍議で、自らが精鋭5千を指揮して長安を奇襲する作戦を提案したという。しかし諸葛亮魏延の作戦を採用しなかった。

 

228年春、夏侯楙を更迭(こうてつ)して曹真に関中方面を固めさせた。

更迭(こうてつ)って何?

【高い地位についている人間の役職を解き、別の人間を当該役職に充てることを指す。】

夏侯惇

三国志Ⅴ 夏侯惇

三国志Ⅴ 夏侯惇

呂布との戦闘中に負傷した武将が何人いたのか?って思うほど呂布は破壊神だったんだな〜って思う

呂布ってさ〜現実的パラメーターで言うと武力120〜150と言ったところか、盛って170ぐらいが妥当なんじゃないのかな?

そうじゃなきゃ呂布で負傷した武将があんなに多い訳がない、まぁ厳密に言うと昔話なので嘘か本当かは変わらないけどさ〜

でも、本当だとして呂布が強かったとするとコイツの【武】パラメーター は150あってもおかしくはない。

夏侯惇関羽は武力パラメーターどっこいどっこいだと思うんだよね

少し考えて関羽の方が5〜7高めかなってぐらいです。