<

絵を描くにあたり

イラストとか描く人ならば、pixiv のパロン機能みたいなもんあるじゃんあれ面白そうだよね、月いくらか固定でお金を出すって感じのシステムなんだけど、考えてみるとサロンみたいなもんだよね、ちょっと違うよって言う人もいるけど自分はそんな感じだと思っている、つきがく自分が設定したお金でパトロンになってくれるからね

ワイはやってないのでわからんが、もしパトロンがついたら毎日結構いい作品をあげなきゃいけないのかな?それが逆にプレッシャーって人もいるけど、そんなに細かく考える必要はないのかもしれないね、自分が書きたい時絵を書いてそれでパトロンがつくのならば、最高だもんね

後ノートとかで4コマとか売ってるもんね、クラウドワークスとかで見てみるとさ、やけに YouTube 広告漫画の募集が多いですよね、あれ相当見てる人多くなるって事なのかな、仕事を注文している企業はYouTube という後々の不労収入を作ろうとしてるのかな?一番いいのは自分のチャンネルで漫画を出すのが一番いいのですが、タイトルとかにSEOを入れないと検索されない状態になるんだろう、なのでYouTubeSEO とかを考えるのならばキーワードを探した後にサジェストキーワードとか調べた後にそれに関連する動画をひたすら出すのがいいのかもしれない、同じ内容のものはひたすら出すということは正直しんどいものがある、これがブログで言うところのトッカブログっていう感じのやつなのかな、なんか最近 YouTubeYouTube をバズらせる方法という動画とか色々あってそういうのを見てるんだけど、ものは違えど YouTube もブログ(Google 検索)も似たようなものなんだなと感じています。
例えて言うならばYouTube でゲーム動画を載せようとするのならば、ゲームの種類までも厳選していく必要がある、簡単に言うとマリオカートだけに絞ってマリオカートだけの動画をひたすらあげていくとか、さらにそこから絞り込みをかける場合はマリオカート ライブ ホームサーキットだけに絞り込むと、その特価動画となるのでYouTube で出やすい、今や Google 検索をかけると検索上位に YouTube の動画がアップされてるという事はイケハヤさんの動画を見ればわかりますが、自分で Google で検索した方が早いと思います。YouTube からアフィリエイト貼った方が儲かるとかも言ってますね

最終的にこれはどちらもアクセス稼げたらの問題ですけどね

opio GIFアニメ