<

三國志5(三国志Ⅴ)幻術持ち仙人の南華老仙とその他

この武将が仲間になったら戦闘のチャンスです。

 幻術兵器、南華老仙

三国志5南華老仙

三国志南華老仙

仙人系が仲間になったらチャンスです。

この流れはチートですね?

やはり大国と戦うとなると、このようなチート武将を使うしかないです。

このゲームで幻術持ちは7人だそうです。(今のところ、他に存在したら後で追記します。)

張角張宝・木鹿大王・左慈・南華老仙・于吉・紫虚上人。

この中で仙人武将は左慈・南華老仙・于吉・紫虚上人です。

張角張宝は知っての通り黄巾党を殲滅させましたので、何とか安心です。

南蛮の木鹿大王って昔三國無双をプレイしたときに見たような覚えがあります。

そしてドラマ三国志スリーキングダムズの中に沙摩柯(シャマカ)とか出てきたよな

孔明の南蛮討伐をもっと三国志歴史マンガなどドラマでやって欲しいものです。

沙摩柯(シャマカ)

確か正史『三国志』では、呉書陸遜伝にしか記述なとウィキにある。

小説『三国志演義』では、甘寧の頭に矢を射当て、これを死に追いやる活躍を見せる。

だが周泰と20合打ち合い後に討ち取れたそうだ。

この下りは確かドラマ三国志スリー・キングスの中でもありましたね

そして南蛮の孟獲三國無双で有名ですが、ドラマ三国志スリー・キングスの85話あたりにその名がありましたね、諸葛瑾がその名前を言っていたような気がします。

三国志5でも雲南建寧あたりで捜索すれば出て来るのかな?

木鹿 大王(ぼくろく だいおう)が登場するのであれば是非仲間にしておきたい。

仙人武将と違い、仲間しにしてもいなくなる事はない。(忠誠度100あたりをキープすれば問題ない)

なので、黄巾党の張角は戦わずして病死するパターン結構多い(大抵このパターンです)

ここで張宝は後々使えるので、黄巾党殲滅の際には仲間しておいた方が良いキャラクターなのだと言うことがわかるのですが、これが敵軍に渡ってしまうとなると斬首という選択も止む終えない。

ここで幻術を使えるように出来るアイテムが存在する。

アイテム・遁甲天書三巻(とんこうてんしょさんかん)

方士左慈が峨嵋山(がびさん)の石壁から授かったとされる天書。

上の巻は『天遁』、中の巻は『地遁』、下の巻は『人遁』 

アイテム・遁甲天書三巻(とんこうてんしょさんかん)であるこれを使えば誰でも幻術を覚える事が可能なのである。

これを君主にアイテムとして持たせれば幻術が使える武将として引き抜きを気にすることなく戦えるのである、なので武将よりもアイテムを優先する方法も良いだろう。