おぴお

限界突破で更新します。

バックトゥザフューチャー2のゲーム


LGR - Back to the Future II - Amiga Game Review

バックトゥザフューチャーのゲームは探せばあるよな程度で検索したみました。

というか適当に動画を見ていたらバックトゥザフューチャーのゲーム紹介をしていたYouTuber の方がいたので偶然見つけたと言った方が正しいです。

ゲーム内容はアクションゲームなのかなこれは、なんか新聞配達する自転車こぎながら進むゲームに似てるね、この進み方と言うかアングルがね、またマイケルジャクソンのゲームはこんな感じやったよな、マイケルジャクソンの場合は踊りながら更にムーンウォークしながらから闘うんだけどね、この次にホバーボードに乗りつつ戦うっていうのが良いよな、ナイキの靴だのジャケットだの未来の製品がバックトゥザフューチャー2には紹介されたのだが、なの感じが子供の頃見たとき感動したと言うかインパクト大でした。中でも映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」で登場した、足を入れるだけで自動的に靴ひもを締めてくれる靴をNIKEが再現した「Nike Mag」が調べるとすでに現実にあるらしいですね、限定で販売してるそうだけど、ソース貼ってく

未来のナイキの靴「Nike Mag」って靴紐を結ぶ時間を短縮出来るから、時間が惜しい人にはもってこいの商品なのではないでしょうか、ここでPC すら持たないホリエモンの話をここでしようと思う、今の時代 PCはいらないと言いスマートフォンで十分という人もいる、そんな中更にスマホの出し入れですら無駄な時間と考える人もいる、例えばカバンの中からスマートフォンを出したりポケットの中からスマートフォンを出すというその短い時間だが、回数が多いから結果大きな時間ロスが生まれる、そんな時給100万円ぐらいなリッチな人はApple Watch を使っているそうだ、単純な話腕に付いてるから楽だよあ、腕に付いてるって感じの方が一番楽なんだろうな、だがそれと同時に不便な場合も多々あると思いますが、基本的に言うならば無駄は減らせるはずですね

そんな感じで未来のスニーカーは靴紐自動って感じで、昔懐かしいエアマックス95を思い出すのだが、エアマックス95狩りなる野蛮な時代があった事は確かだ。

バックトゥザフューチャー2の最初の主役をやる俳優はマイケルジェイフォックスがなかったっていう話もYouTube でやってましたね、なんかマイケルジェイフォックスの方がギャグセンスあるように個人的には思えるのである。

だからの未来のジャケットもさ〜袖がデレ〜んってなっている未来的ファッションも似合うんだと思います。

あの水に濡れてもすぐ乾くジャケットを現実目線で言うとワークマンとかで売ってる作業服の中にファンついてるやつなんじゃないかな?

こう見ると然程変わり無く思えてしまう、だがホバーボードというのは難しいと思いますね、確か昔バックトゥザフューチャー2のホバーボード記事を書いたので貼っておきます。 

かなり忠実なホバーボードがありました。でも高いけどね