おぴお

限界突破で更新します。

Стиральная машина 昔の洗濯機動画を見る

ミニマリズム的な発想からすれば、洗濯機もいかにシンプルで丈夫なものを探すかが肝心なのだが、本当に重要な事はそこではなく、時間をいかに作るのか?とエコなのか?ってとこだろう。

効率と云う名の迷走

時間を作るのか?という考えを軸とするならば、最新式のドラム型でよくね?って話になる、でもコストが高いというパターンだが、そのような一連の思考からは、結論として効率良く稼ぐキャッシュフローを追求すれば、大抵の問題は解決して、洗濯機の事などどうでも良くなる、だがこの洗濯機の動画を見ている行為は金の為なのか?というとだた単に面白いからである、金というものを軸にすると時間でしか釣り合わないのかも知れないですね、その他の例外はあるが、基本そんな感じだろう

結論として、面白いか面白くないかで考えた方が良いという結論に至った。

洗濯機の話に戻れ

つまり、ミニマリズムと言うのはただのネタに過ぎないのかも知れない。

だが、現代を生き抜く方法としてミニマリズムは新しい防衛スタイルとなるだろうと考えている、昔から質素なのが良いよねって話だが、なんか昔の話でジョン・D・ロックフェラーあたりがかなり質素な生活をしていたってのがあったよな、世の中に存在する物などは大体が贅沢品など嗜好品なので、本当に必要で良いものを選別すればさほど問題はないだろう、極端な話を言えば洗濯板になるだが時間と効率(めんどい)などを考慮するとだ、二槽式が効率が良いのではないだろうか?とも思えたりドラム式か縦型全自動も考えられるのですが、デットスペースを無くしたいとも考えている、風呂の浴槽に外付けモーターを付けたら良いのか?とも考えたが、そもそもデットスペースとかいう奴が風呂の浴槽付けるか?って話になる、無駄を無くすには縦型の個室のシャワールームかトイレと合体してるものが多いだろう、そしてさっき言った浴槽に付ける外付けモーターなるもの、そんなもんは市販で売ってませんでしたが探せばありそうですね、これはワイが想像した代物である。

基本的に、その家の浴槽の容量によって水圧も変わるし、安全面で言うと浴槽を使用するとなると、子供にとっては危険な側面もあるので商品化する事はないのかも知れないね

何が言いたいか

コンパクトで面白い洗濯機を探してたら、こんな動画見つけました。

言いたい事はこれだけなのだが、ブログだから一応1000文字は書いたって話です。

なんでロシア語なのか?たまたま面白い洗濯機だったので貼っておきました。

Стиральная машина (洗濯機)なんかグーグル通訳で聞いたら、『捨てられないマシーノ』って聞こえた空耳アワー的なオチでそろそろ寝る。