おぴお

限界突破で更新します。

時間と労働の雑談

 今日は絵を描いたのですが、文字を何入れようか考えていたら時間が23時だから適当雑談でもあるかな〜なんか最近労働時間とか金持ちの在り方系の動画をよく見るのだが結構この仕事の在り方ってのがコロナ後で、スタンダードなものになりつつあるよね、今まで働いていて疑問を持つ人も多くなって、世間一般の働き方?って何なのか?ってのが色々と考えられるのである、不景気になると言うがそれってのは別な生き方が主流になるのかな、なんて思います。

デスクワークと肉体労働では労働時間が違うと思うのですが江戸時代の労働時間を適当に見てました。

  大工の多くは昼食をふくめて一日三度の休憩があり、それを差し引くと勤務時間はなんと四時間程度で済んだという。

 これは大工のみの話で他の職種は分かりませんが、労働時間8時間というのはヒトラーのイメージが強いのだが、現代の定番がここにあるのだろう。だが未だに長時間労働は存在しますからね、今は結果出せば短い時間でええよって感じだが、これはリモートワークとなり無駄な時間を削ぎ落とすという結果になるだろう。

ナチス・ドイツの経済では、1933年から1945年 までのドイツ、いわゆるナチス・ドイツ時代のドイツ経済 ... この情勢下で政権を 握ったのがアドルフ・ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)で あった。ヒトラー政権は前 ... 原則的に一日8時間、週40時間労働が定められてい たが、労働力不足が深刻になると労働時間を延ばすことで対応した。wiki

産業革命前は14世紀イギリスの労働者の場合、年間の労働時間は240日×6時間=1440時間と推定されていたそうだ。

だが、産業革命後子供たちは労働時間1日10時間というからヤバいですね

産業革命工場で働く子どもたち

そしてイギリス貴族の在り方って独特のものだよなって感じるよ、貴族の庭ってさ〜東京ドーム何個ぶん入るんだよって感じの広大な土地だもんな、なんかよくわかんないけど貴族収入的なもんがあるんだもんね、貴族がなんだという事ではなく、近い未来はAIの生産性や労働性が高いということはよく言われているので、いろんな価値観が変わってくるんだろうなって思うのだが、多分今現在生きている以上はまだまだ先の話なので労働時間云々と言った話が結構あるが、働き方がコロナで大幅に変わるし、時間労働の考え自体も疑問に思われる人も多くなってくるのか〜なんて思いますね、労働で働かない人も、投資で生きてる人とか色々いるだろうね、ミニマリストは色々な意味で無駄な時間を引き裂く生きたの入り口となりうるのかも知れないのか?って思った。