おぴお

限界突破で更新します。

太陽のしっぽを思います雑談

アサシンクリード ヴァルハラの先行プレイを兄者,弟者,おついちのチャンネルで今見ているのだが、アサクリシリーズは勉強になるからね動画殆ど見ているのだ、この内容がアサシン教団とテンプル騎士団どっちも色々な話があり、ガンダム的な感じで正義も悪も無いって感じです。それがドラマなのだがそんな組織でも人間性が悪い者と良い者がいるよねっていう感じで実社会でも学校や仕事場でもある身近なテーマなのだと思うそんな中で繰り広げられるお話なので面白いですね、このアサシン教団とテンプル騎士団はどちらも自分の正義に向かって戦っているのだが、どちらも上層部になると平和とは本当の意味で平和では無いという感じで、陰と陽みたいな感じになっていて、結果内部で戦ったりしてまとまらんって言うのは実社会でも同じ事が言えるのだと思います。ヘルメス・トリスメギストスの杖ってなんか似たようなものをちょくちょく見ますよね、Who のロゴもこんな感じだってこのんな感じのやつですもんね、アスクレピオスの杖は、様々な医療機関ロゴマークに使われているそうだが、ヘルメス・トリスメギストスの杖に似ているような気がする、一緒って言うと違うけど、似てる、後ベルセルクとかで出てきてたよね似たようなやつ、どこで出たか忘れたがなんかあったような気がする、日本で言うと北条家の家紋がゼルダみたいな感じだと思うので深い意味はないのだろうけど、アサクリシリーズとなると歴史に何かしら関係しているので勉強になるのである、確かディープステートは25000年前からだっけ?先史時代とか検索したら出たのだが、それって人間か?だが猿人の骨は人間のものと比べるとはるかに形が違うそうだ、こんな人間かサルか?わからん時代から支配していたのか?っていう陰謀論を漫画風にして半信半疑で調べるのも、漫画の内容などゲームの内容を調べるようで結構面白い部分があるだが、アウストラロピテクス(猿人)の時代ならば、アヌンナキ説が成立するもんな、だが実際の歴史はあてにならないし、縄文時代に既に農耕をしていた事もわかっている、多分世界一安定した文化だったと予想されるのだが、そんな文化を楽しめる歴史的なゲームと言ったら太陽のしっぽなのだがBGMを貼っておく

このゲームはプレイステーションで発売されていたゲームで、無駄な言葉などが全く無く、ほぼ直感で判断してゲームをクリアまで導くという形だ、マンモスの出てくるのでかなり個人的には面白かった