おぴお

限界突破で更新します。

梅雨の雑談 このタイトル昔書いたよな?

本格的な梅雨の始まりですね、こうも雨が降ると靴の中濡れたりするからね、そんな時はイラク戦のミリタリーブーツを探しがちだよね、結局防水や安い長靴はジッパー部分から水が浸水して来たりするから、初めは良かったが時間が経つにつれて壊れてくるよね、まぁこれは当たり前の事なのだが、だがダナー社製のCombathikerというトレッキングブーツで米軍イラク派遣部隊の山岳部隊のために作られたコンバットブーツでトレッキング×戦闘、という過酷な状況にも耐えるよう作られているそうだ、この会社は軍隊などに靴を支給しているメーカーなのだが、価格は新品で5万前後で売っているそうだ、アフィリエイトリンク貼らないから気になったら自分で探してくれ、でもTimberlandとかも十分いい靴なんだよね、普通使いから、そんな気にすることでもないが長距離など山岳などレジャー時はトレッキングブーツじゃないときついものがある、こうも雨降るとまた野菜が高くなるのかな?って思ってしまうが、今インドとかでバッタ大群発生して農作物を食い散らかしているって話があるが、あれでバッタを食ったら良いんじゃないのか?って話がある、物体が分かると食いづらいから、粉々にしてスナック感覚で食べるのかわからんがそんな話がある、この発想というのは昔の映画を思い出す。名前忘れたよ、まぁ良いか、でもさ〜そんなことを言ったらワイは知らずのうちに昔メロンソーダの着色料は蚕さんの糞であの鮮やかな色になってるものを口にしていたのだろう、まぁ今は虫から取ることは少ないと思う、蚕の餌は桑の葉だからそのまま排出するそうだ、消化しないらしい、合成着色料のほうが安価とある、石油由来の方が世に出回ってるからだと思います。なんか今蚕を育てる人工エサキットみたいなものが売ってますね、あれから糸を紡いで布を織りイチから服を作るのかな?それもそれで面白いですね、もう全部作っていたら皇室ですか?ってなっちゃいますね、まぁそんな大規模では出来ませんが、そんな話はどうでもいいか、こんなニュースを見つけました。6月30日の開催された内閣官房長官記者会見の質疑で、菅義偉内閣官房長官は、携帯電話料金についてはまだまだ値下げの余地があると語り、政府でもユーザーが納得できる価格・サービスとなるよう引き続き取り組んでいくことを明らかにした。とある、これ前も言ってたよな〜実際にどうなの?って感じだが革命的な安さにはなってない、大手3社が9割の寡占状態にある、ここで楽天入ったがiPhone使えないからね、あれは多分色々なところから圧力があったんだろうと考えられる、正直どうかは分からんが