おぴお

限界突破で更新します。

パンイチがコンフォートゾーンを知る

苫米地メソッドのコンフォートゾーンを見ているのだが、ざっくりいうと脳にストレスを与える環境を脱し、脳内フラットな状態が最強って感じで、ドラゴンボールの感情によって気が上がるって感じなのかな?金を求めず自分の時間、詰まりタイム伊豆マニーやね、今は金より時間と本当の意味での幸福感を求めることが主としているのだが、バビロニアのおっさん達が作った仕組みづくりが音を立てて崩れだすと言うが、そこまで考えていたらネットの存在自体がヤバかったのだと思うが、時間の問題だったんだろうね、だがこっからは自滅するか精神時代に気付き新たな世界を築くかとかいう話もある、ここで中田敦彦YouTube大学で自己肯定感の話もあるが、過去に囚われないにはという話があるが、あれと言うのはどんなもの事も時間とともにどうでもよくなってくるという話もあるが、その出来事や度合いによって時間の量が必要になってくるよね、等価交換だよね、ハガレンだね、生い立ちなど色々な要素が作用しているので即効性を求めるのなら、常識に外れるしかないという事になるのかな?自己肯定感と言うが精神的落ち込みをコントロールするならば、食い物の選別と運動、生活環境作りしかないだろうね、そもそも気持ちの落ち込みというのはどういったものなのか?大抵のパターンは食生活による低血糖などの発症などが大半なのではないだろうか、この低血糖症は栄養不足タンパク質ビタミンミネラルなどの不足が大半で、コンビニとかの加工食品だとかを食べてばかりだとこのような症状を起こしがちである、加工食品には新鮮さがないからである、ミネラル不足を起こすからである、ミネラルとかざっくり新鮮かそうでないかという感じだろうと勘で思っている、そして骨は骨格を支えるだけではなくミネラルの塊でよく精製糖質の過剰摂取でなどで負担を与えるとボロボロになっていく、それは一番身近な歯の調子を見ればわかるが、虫歯などがいい例なのではないだろうか?甘いものを食べると虫歯になると言うのは子供の頃から言われている当然の結果である、今や遺伝子組み換えのコーンから作られた甘ったるいものや、アスパルテームとかいう言葉は有名である、今では名前が知れ渡り名前を変えて果糖ブドウ糖は生き続けている、そして何より危険なパターンがこの低血糖症を発症しているにもかかわらず、精神科に行き、全く関係ない薬を処方されるというパターンが多いそうだ、それはそうだろう、相手も商売で顧客を増やさなければならないからである、その他にも色々な要因が挙げられるが大抵はこんなとこだろう、ざっくり言うと朝日を浴びて運動して、新鮮な採れたての野菜を食べるといった典型的な健康的な生活をすれば良いって事になる、そうすれば不思議と自己肯定感やコンフォートゾーン問題は解消されるだろうと思いました。