<

Fallout New Vegas 攻略 ゲッコーをひたすら狩る

フォールアウトニューベガス レベル上げと言うと、序盤はゲッコーを狩りまくりました

f:id:opio8:20200603220038p:plain

ゴールデンゲッコーのイラストです。

これは何?って思った方、簡単言うとゲームの敵キャラです。

ゲッコーの種類

ゲッコーの種類には、序盤グッドスプリングスの泉(Goodsprings Source)周辺に存在するゲッコーに

火を吹くファイヤーゲッコーと、ゴールデンゲッコーが存在する、ゴールデン月光の方が若干攻撃力が高いような気がしますが、ファイヤーゲッコー同等の攻撃力持っていると思って良い。

ファイヤーゲッコーは基本的に火を噴いてくるので、その間に打撃武器を使って攻撃を与えれば簡単に倒せます。

計3種類存在する。(多分)

 

サイズの違い

大きさなどでヤング・ゲッコー、どんな敵でも大きいものと小さいものが存在する。

Fallout New Vegasってこの概念があるから面白いです。

サイズの違いはゲッコーのみならず、地上最強の敵といってもいいデスクローにも、小さいものと大きいものが存在する。

ヤング・デスクローは小さいので攻撃力も弱くなります。

ある程度レベルを上げた状態ならば接近戦でも倒せます。

 

BGM を聴きながら記事の続きを読む

実際にゲッコーと戦った感想

基本種類別としてはこの三種類となっている、序盤はゲッコー狩りをする人は多いだろう、中盤はゴールデンゲッコーの打撃は結構痛い、ダメージもさるものながら、手足など頭部、胴体部分までも大きな致命傷を喰らい兼ねないでの注意が必要である、その前にゲッコーを倒した後戦利品としてアイテムがもらえる。

【ゲッコーの革】と【ゲッコーの肉】です。

ゲッコーの革って何に使えるの?アレって売るだけのものなのか?ただの戦利品なのか?意外とFallout New Vegasの攻略サイトはあるものの、明確な内容ではない、結構わからん事が多いのでネットはまだまだ発展途上なのか?ワイの検索力はまだまだなのか?

鞣し革の概念があるゲームだから、Skyrim を思い出しました。

洋ゲー特有の概念で、レザーアーマーなどのリペアに使えるのでは?と思ったが、違うようだ、武器防具のリペアは防具系は二個一【合わせることができる】にする事によって防具修理が可能である。

修理屋もあり序盤ではモハビ前線地区だっけ?そのへんありに存在したような気がするが値段が高いから自分でスキル上げて直す方が有効的だろう、ニコイチ(二個一)【スキルを上げて自分で防具を修理】で何とかするしかない。

 

打撃攻撃の強い武器が欲しいならナイトキンがいる、地図左上の山のとこに行くのが良いだろう、その場所の近くの洞窟に【消化】(斧のような武器)より強い武器が眠っている、ですがデスクローとの接近戦はタブーで

スローン(町の名前)の人物も言っているように、『ニューベガスに行くには

プリムから東に向かってそこから北に向かって迂回する方が良い。』と言います。

もしどうしてもデスクローと戦いたい場合は遠距離武器(銃器)【飛び道具など】を活用するのがセオリーです。

 

弾薬を無駄にしたくない

個人的意見としては弾薬などを消費せずに低コストで済ませようと打撃武器でデスクローに挑んでいるが、序盤は防御力の概念があまりに敵と差があり過ぎるゲームなのでここは時間がかかるだろう、だが攻撃力に関しては結構上がるので、打撃で倒せなくもない。

ノックアウトが強い

スキル習得でノックアウトというものがある。

これは攻撃が当たると相手がある一定時間ノックアウトして、攻撃してこないというものだ、格闘ゲームで言うところのピヨリのようなもので

ノックアウトはスキルのみではなく、打撃武器の能力として付いている場合もある。

確かナックルのようなものでした。後お遊び武器のボクシンググローブなんてのもあったような気がします。

伝説のデスクロー

デスクローの中でも伝説のデスクローが存在する。

倒した時に思い出は、はまぐれで打撃武器の【消化】でノックアウト(スキル習得)させて何とか倒しました。

 

因みに、そのフロアにはパラディンの死骸があり良い武器や防具が眠っている。