おぴお

限界突破で更新します。

How to draw Bart Simpson「ザ・シンプソンズ」編集して頂きました。

www.cabin.tokyo

皆さんご存知

 

東京キャビンさんに作って頂きました動画がこちらです☆

タイトルから説明文まで全部書いて頂きました。

ありがとうございます。

ここでこの動画を制作するにあたってどのように制作したのか?という部分について話していきたいと思う、これはマウスで描いたもので、前Twitterで描いたドラゴンボールのやつが指で書きました。タッチペンはあんまり反応はよくなさそうだし、持ってないのでこのままで良いかな〜って感じで、そんな事より量を増やすというかそういう話だったのだが、そのうちブログだけになってしまい中々、更新してませんでした。

これはただ単にワイの怠けとだらけによるものである、ものの興味がゲームなど他の情報に興味がいってしまった事がでかいです。

そしてだ、陰謀論とか古代文明とかも面白そうなのでそっちの方へ行ってしまった。

んで音楽はと言うと、かなり寝かせている、これはこれで、かなり長くなるのでまだ溜めておくとしよう、音楽とうジャンルはまた別枠で書こうと思うよブログでね、そして結構指描きでもサックとしたものが出来るのではないだろうか?と考えている、とうか何でも良いから投稿する事が重要というのは心得ているはずだが、いざ制作するとなると何かしら考えてしまうのが性でもあるが、最大の理由は文字のみで良いかなって感じのアレである、といか1000文字を書くという事に気がいってしまう、これに尽きる、そんな感じでスケボー音楽にピッタリな選曲でカッコいい仕上がりになってますね、バートと言ったらスケボーというのはセオリーでもある、ゲーム版のザシンプソンズアーケード版がヒントである、ここでバートはスケボーを駆使して戦っていることがあるだろう。

ほんとコナミなんていう名作を作っておんねん、このゲームスマホ版で復刻版としてリリースすれば相当売れるのではないだろうか?500円ぐらいでも良いんじゃないだろうか?それでも高ければ300円ぐらいだ妥当だろうか?でもさ〜このゲームの戦闘方法っていうか敵に攻撃をあたえた時の音の感覚とかが、しっかり設定されているよな〜これ相当やったよアーケード版でさ〜ゲーセンで相当金を溶かした思い出があるね、そんでこのゲーム良く出来ていて、隠しアイテムとか、お遊びな部分などが多く存在しているのである、例えばステージ1でも木の中を攻撃するとリンゴなどのアイテムが入っていたりするだ、そんなイメージが今こうして作品となってワイが制作したHow to draw Bart Simpson「ザ・シンプソンズ」となっているのである。