おぴお

限界突破で更新します。

未来はどんななるんだろうねっていう雑談

産業革命がくるよって内閣府のサイトで言っているようだけど、この話はイケハヤさんの動画で言っているので知りたい方はそっち見るほうが早いだろうね、そんで1750年に機械が導入されてジブリみたいな世界観になっていったんだろうね、違うかな?んでさ〜水力紡績機とか最強だよね、ずっと糸を作れまっせって感じでさ〜週イチか月イチのメンテンナンスとかで済むのかな、1日一回は必要かな?これが第一次産業革命でなんかこの話で岡田斗司夫がさ〜天空の城ラピュタのパズーの街について語っているときに時代背景について触れていて、機械とバトった労働者がいたよな〜そんで機械に勝った人間だったが、その勝った張本人はその後息絶えたそうだ。命賭けたんだな多分機械化がその後なくなると思っていたんだろうけど、そんなの効率的ではないのでラッタイト運動(機械ぶっ壊す運動)は先進的ではないという感じで思ったんだろうね、そんで約1870年第二次産業蒸気機関が出来てバックトゥザフューチャー3のドクって感じで、大友克洋スチームボーイ、ちょくちょくターボ音がなるんだけどさ〜プシャ〜ってやつね、そんでガソリンエンジンとかも出来てだ、今や電気自動車とか言っていますが、アレってさ〜電磁波とか半端ないそうだ、まるまる電気自動車である場合丁度人が乗る部分の全部電池パックが入っている形になるのかな?これは石油メジャーの陰謀説というのもあるが、電磁波は存在するので人間が乗る部分を銅とか金で覆うかな?それは現実的ではないかな、結局はアヌンナキ的な思考で金を求めてしまうのかな、金というのは金のためではなく、金という素材は放射能など電磁波などの宇宙線を遮断する効果があるんじゃなかったか?だからその素材を求め地球に降り立ったという説もあるが、最大の理由は住みやすい環境だったからに違いないだろう、話は脱線したが第3次産業革命インターネッツで、はいだんだんふざけ始めて来ましたよ、そして第四次産業革命は人体にデバイスを埋め込むと言ってるが、それナノマシンって感じでメタルギアじゃん、ダーバ局長のようにFOXDIE の発作が起こったらどうするんだろう、旅館のシャーマンバルカンライブ、違う違う違う違う巨漢のシャーマンバルカンレイブン、はいメタルギアの話はおいておいてだ、電子回路を皮膚に書き込むって人も多いそうだ、体にスマホ埋め込むといった感じで、勉強しなくていいじゃん、それがアレば学校行く時間がなくなってしまうんだろうな、でもそうなると、精神的な面でどうなのか?という事になり、すぐに戦争が起きそうな予感がする、そんな楽に知識もなんでも手に入るので、何か精神的なものはどうなのか?って部分はあるが、それを考えてる時点で古い考えてなのか?と自問自答しないではない(ペコパ)そんな感じで免許証の廃止、信号機がなくなる、自動で運転する乗り物など、デザイナーベイビー、ガンダム SEED って感じで、ナチュラルとコーディネーターでも戦争が巻き起こるだろう、そんな感じで更に雇用は無くなって来ることに変わりはない。