おぴお

限界突破で更新します。

八つ墓村とか映画の適当雑談

なんかDragon Ash の曲を聴いていたら、ZEEBRA公開処刑キングギドラだっけあれは降谷建志Dragon Ashに対する事という話を昔に聞いてさ〜、なんのこっちゃわからんって思って聞き流していたが、今聞いたらさ〜Dragon Ashキングギドラ声似てるな、そんでキングギドラZEEBRAキレて公開処刑って言って歌ってたんだなって思ってさ〜、まぁ後もう一つ気になるのが、降谷建志古谷一行の息子という話は有名であるが、古谷一行と言ったら金田一耕助金田一耕助と言ったら八つ墓村、犬神家などが出てきますね、そんな事もあってボンボンである降谷建志がラップをしてるということ自体が気に食わないのかも知れませんね、そもそも何に対する不満があるのか?っていう根本的な話になってくる、そもそもラップやロックは不満を撒き散らす感じで、ルサンチマン的な内心思ってることをぶちまけるっていうのが民心を打つと思うのだが、今やBREAKERZ の DaiGoのお祖父ちゃんは竹下登で消費税導入を行ったし(1989年に誕生した消費税)正にロックのロの字もね〜だろうって思うのだが、まそんな不平不満がないようなやつの歌聞いてて響くのかって話になる、盛岡市の「滞納太郎」市税の納付猶予申請書記入例、このニュースは Twitter で見てる人もいると思いますが、普通こういう書類って確認しないのか?って純粋に思うのだが、これが素通りして国民(客)に届くんだよな、ありえなさ過ぎて、税を預けること自体が不安である、確認してんのかな?って思ってしまうよね、なんかちょっと前に高齢者が2重支払いをしていたとかいう話があったよな、何か忘れたが、因みにかんぽ生命に話では無いです。それ民間だからね、郵政民営化でね、まぁこんな事はどうでもいい、話は古谷一行=八つ墓村の話になるのだが、八つ墓村って空想の世界と言ってるけど、モデルとなる事件は津山事件って言うのは有名で、YouTube ネットなどで検索すれば簡単に出てきますが、この犯人も色々問題はあるが、なんせ結核は昭和20年代までは「不治の病」と呼ばれていたそうだしね、そんな事もあって問題の事件を起こすのだが、ここで気になるのが松竹版八つ墓村予告篇で渥美清が戦国時代(1467年(1493年)– 1590年)攻めた毛利と尼子の話へとなっている、そういえば洞窟に戦国武将の甲冑がありましたね、ガキの頃見た時何であるのかなと疑問に思っていたのですが、詰まりはこの内容は【炎立つ】みたいな感じなってるなぁって思いましたね松竹版八つ墓村は、しかし尼子経久と山中鹿之介(山中幸盛)よく使ったな〜、尼子経久なんてチート武将並だからね【革新】では確か計略Sで足軽もSじゃなかったかな、まあこれはゲームの話なのでどうでもいいが、難攻不落の月山富田が思い浮かぶが、今日は時間がないのでここまで