おぴお

限界突破で更新します。

家に夢の筐体を置いたらって話

ゲーム筐体の話の続きなんですが、100〜300万円ぐらいかかるんだそうだが、一体おいくらなんだろうって思って適当に調べましたら、いいブログを発見してしまいました。

アーケードゲームのイニシャルDの筐体を家もしも買うとしたら

 イニシャルDの最新バージョン「頭文字D ARCADE STAGE 8 インフィニティ」は中古価格で、メンテ済みの良品で2席と1サーバーを送料込みで購入するとすると、およそ100万円くらいが相場

ゲーム機 110万ルーター 5万ルーター再設定 3万合計118万円程度が必要と思われます。

 そっからランニングコストと言った通信費で月額ざっくり1万万程度もっていかれるため正直最新のものはきついだろうが、本当のレトロなゲームは筐体で販売されてます。

スペースインベーダーの筐体で45,100円(税込)とありますね

TAITOから出てるようですね

筐体と言っても中身は小型された感じで、木の箱と言った感じでしょうか?

実際に組み立ててないから中身はわからんが、そんな感じなんじゃないのかな?

までもこれを家に送ってるのは現実的じゃないし、あくまでも遊びの話である

現実的な話になるとエミュレーターなどを使用する違法な場合もあるのですが、この時代のレトロゲームになるとエミュレーターとかで遊びちゃうのも出回ってますね

そんでこの筐体を実際に組み立てている動画がございますのでご参照ください。

こんな感じで組み立てられるんですね、SNK SC-19 業務用 NEOGEO 筐体とかヤフオクで売ってましたね、価格は198,000円で送料無料ですね、まぁ今やハード自体も消えるという時代になってくるから、Google Stadiaとかでさ〜、だからミニマリズム的にはなんも要らなくね?って感じになってしまう、より気軽に別のゲームも楽しめるって感じで便利なんだよね、そうなるとだ、色んなゲームが移植されるんじゃないかな?って思うんだよね、Google基準になればさ、でも国産のものは当分は任天堂で発信するだろうね、今Nintendo SWITCH のダウンロード版のレトロゲームなんてかなりの量あるからね、ファイナルファイトタフなんてSFC版はいっとき結構高かったけど、今や任天堂のダウンロード版が発売されてから結構フリマアプリやヤフオクで売ってますもんね、当時と比べて安い値段で、なのでレアだったものがダウンロード版でリメイクされて安くなってるっていうパターンが多いですね、SFC 版のワイルドガンズだってリメイク版が発表されて新キャラは2名ほど登場してましたね、そして新ステージとか色々あって、面白そうですね