おぴお

限界突破で更新します。

岡田斗司夫7割の話、雑談中の雑談です。

岡田斗司夫魔女の宅急便の話聞いてたんだけどあのーキキの足跡が何か深い理由があるのかな?なんていう話があるけども、あれはただ単に宮崎駿亀仙人であったって話だよね。

岡田斗司夫の話だからいつもどおり何か深い考察があるのかなと思いましたが、この内容に関しては宮崎駿亀仙人のところが出ましたね、ここまで話してこいつ一体何の話ししてんだって思う方もいらっしゃると思いますが、そうなった場合はYouTube岡田斗司夫と検索しそっからは自分で検索するこのひと手間が面白味を増幅させるのではないでしょうか?

まぁ、そんなことはどうでもいいか、学校も4月いっぱいは休みみたいですねゴールデンウィークまで休みという話も聞きました。

これは本当に仕事も学校も全てが停止してしまいましたね、映画地球が静止する日だっけ、そんな感じの世の中が封鎖的になる感覚すら現実になると思うが、ウイルスとか細菌とかは長年人類と戦ってきた歴史があるでここはインドアという新しい文化を発達させた人類がゲームという対抗策で新型コロナウイルスを打破できるんではないかと軽々しく思っている、ここではっきり言っとくがワイのブログを本気で読むと腹が立ってくる時もあると思いますが、それは多様性のあるですます調の八方八方美人なブログもいいだろうが、こういう事書きたくなるのがワイのブログなのでご了承の上よろしくネクロマンサー。

終始ふざけてますがこれはですね音声入力です。

だから厳密に言うと書いてるというよりか喋ってると言ったほうが正しいでしょう

だってこっちの方が早えんだもん、前振りはここまでにしておこう

岡田斗司夫がこのように言っていたこれからのアーティストは稼ぐのが難しくなると逆にネットがあるからクリエイティブな仕事はやりやすくなるものだと思っていましたがどうやら普通に完成したものをネットなどに公開してもあまり効果はないようだ、そこでその経過を載せることが重要だということを言ってましたね、これというのはその作品ができるまでの経過をそのまま載せると言うもので、作品ができるまでの経過も確認できると言う見て楽しめる要素もあるということか?

結局は自身の人生そのものがコンテンツになるって事なのかな、だからジャンルとかそういうのは関係ないのか、そこまでさらけ出したらそれは面白くなるわな〜

まぁそこまでやる気は無いが。

ということで今回も雑談形式の記事でした。

それだけは眠くなったので寝ますそれではまたね