おぴお

限界突破で更新します。

楽天モバイルからのホタルの話

なんか、楽天プラン1つしかないって感じの「300万人を対象に1年目は無料。2年目以降は月額2,980円」って言ってますね

これ良いんだけど、これさ〜なんかネット見るに色々問題もあるそうですね

でも基本的には安いようだけど地域によってはヤバイところがあるので注意が必要ですね、そんでさ〜端末でも意味あるそうだ、ココが最も大事なところでAndroidだけ対応って言ってますからつまりはIOSどうなっちゃうのか?

iPhone 非 対 応なようだ、まぁ調べれば使えると思うが、この動画ではiPhone非対応と言ってますもんね、コレは即ちワイの目論見は吹っ飛んだ事になるよね、あれだな0SIM契約しようかなって思ってしまったよ、でも違約金とかあるからね〜ゼロシムはさ〜、そんな感じで、大きく予定を変更しようかな〜って思った次第であるが、WIFI変えようかな〜って思うね、予定は定かでではないが安いやつね、ってかやっぱ0SIMのプランが今のところ一番安いですね、そんな感じ感じで話は飛ぶが今岡田斗司夫火垂るの墓の話で、コレってさ子供頃見たときグッときたね、なんと言うか戦争とは悲し過ぎると思いましたよ、んでその動画がコレです。

「本当は10倍怖い『火垂るの墓』」

このね〜主人公達が不憫と思うのは人は多いと思うが、このシリーズさ〜前にもやっていて、問題はだ清太のボンボン気質であり、社交性のようなものに欠けているという話である、確かにこの清太と節子に家柄がわかる部分がお話にあったよな、あの海辺でさ〜母が『カルピスもあるよ〜』って言ったシーンだが、あれは裕福の残酷さが出ていると感じたよ、あのような裕福な環境で育ってしまったばかりに、後に路頭に迷う羽目になったとき、頑張りと言うか生きる上での基準が出来てしまっているという点だろう

節子と防空壕で生活するとことか、今思うと典型的な中学生の感覚で子供が生活という過酷なものを軽視した感覚で、その場の気持ちで家出した結果に思えてならない。

でももしも中学生の自分なら同じ事になっていたのではないだろうかと思える節がある

そんな切迫した感じがガキの頃から感じていた考え深い映画でした。

んでさ〜最後なんてさ〜あれって結局、成仏出来なかった霊体が彷徨っているという感じなのかな?って思ってましたね、まぁ正しくはわからないですが、個人的にはこの映画は良い映画でしたね、サクマドロップを見る度に火垂るの墓を思い出します。

ドロップをさ〜ロップロップって節子が言ってたよね