おぴお

限界突破で更新します。

作業用BGMってさ〜素晴らしいジャンルだよねって雑談

作業用BGMを使用する用途というのは勉強中だとか、作業中(ブログだったり資産構築中)ですよね、それと後移動中なんかも聴いている方も多いのではないでしょうか?

 

ワイは今YouTubeに上げるアニメーションを制作中に作業用BGMを聴いています。

最初はJAZZ聴いてましたけど、今山下 達郎を聴いてますね、コレです。

動画は何故かジブリだとかドラゴンボールなどが使用されてますが、それはそれで良いかな〜って感じですね、YouTubeがいっとき音楽再生機と化した事がありますね、今でもそうなのですが、何するにもYouTubeって感じでさ〜これはもう情報伝達装置ってのは態々言うまでもありませんが、改めて実感しております。

 

集中という感覚的なものの雑談

このブログでも音楽は結構貼り付けたと思いますが、本当の集中状態って言うのは無音な場所って時もあるけど、それってのは本当の長時間には耐えられないのかな〜なんて思いますね、6時間とかなると多少のラジオ的な音源が好ましいと思います、生活するって感覚で、集中するって感覚で無いもの、コレってのは一見すると意味がわかりませんが、無意識の集中状態を日課で呼び起こすって感じに近いものだと思います。

 

それにより長時間の作業が可能になってくるのかな〜って思いますね、まぁこれと言うのは感覚的なものなので、はっきり言って意味わからないものに見えると思います。

ですが、自分なりの集中する落としどころみたいなのが、わかるって人も多いのではないでしょうか・・・

なので作業用BGMなどを用いて作業、仕事、勉強をするのが結果的に集中していたなんていうパターンなんかが多いのではないでしょうか?

 

そして良く聞く話ですが、脳と腸はつながっているって話になりますが、腸の酷使は消化にも時間がかかるし、アレルギー体質も発症しやすいっていう話は昔の記事も書いたと思いますが、腸管をキレイに保つ事により集中力を上げるという具合で、これに至っては集中というカテゴリーだけではなく体にも良いって話なのだですが、脳腸軸で脳と腸は自律神経系や液性因子(ホルモンやサイトカインなど)を介して密に関連しているとも他のサイトでも書いてました。

これらの内容は他にも船瀬俊介など色々な人が言ってますが、有名なのがグルテンフリーとなってくるのだろうと思いますが、これは個人差もありますので一概には言えませんね、あまり集中にコミットしてのしょうがないので

今回は音楽をそこに付ける事により更に長時間の作業が可能になるのではないのか?と考えているところで以上とします。