おぴお

限界突破で更新します。

MIKADO 聴きながら雑談(イニDのMIKADO)と正丸峠の雑談

天皇も大饗の儀やってる事だし、イニDのMikadoでも久々に聴いてみるか・・・

須藤京一を思い出す方も多いのではないだろか、須藤京一と言ったら黒のエボⅢを思い出すミスファイアリングシステムって言葉をあの規則正しい口調で話す素振りは耳に残るフレーズですが、帝って事でしょ?そんな感じでテール・トゥー・ノーズ、サイド・バイ・サイドなんてしたら今の時代ドラレコオートバックスの売上NO1商品がドラレコっていう合理社会になっている時代で、煽り運転一発免停で事故防止するっていうニュースがあったよな今の御時世、警察庁もそうせざる終えないのだろう、なんだか昔さ〜車の雑誌の大井DVDが懐かしいですね、そんな話はどうでいいとしてだ、レースやりたきゃサーキット行くしかないって感じで、カートなんかも出来るとこあるからそこで遊んでみても良いだろう、何よりカートを乗った人なら分かると思うが、初めはスピンしがちだけど、ワイは無理ありカウンターあてて失速するも立て直してタイムを狙ったからね、そんで何より高速領域からのハンドル入れてブレーキ踏んだのが危なかったね、まずそこはブレーキから入るのが良かったのだが勢いで行ってしまってだ、やばいと思ってブレーキ離してそのままアクセル踏んで曲った感じにしたからね。失速はしたが、ケツだけが少し流れた程度で留めたから良かったよ、現実は失敗は許され無いから安全マージンじゃなきゃいけないよね、コーナー侵入ときスピード落とし過ぎる癖があるよ癖になってしまったね、ABS効かせた人なら分かると思うがヤバいって思ってさ、踏んだ後のブレーキの勝手に奥まで踏み込んでくれるの感じがABSなんだって改めて凄いなって思うよね、因みにAE86にはABSなんてついてませんから、あれは人間ABSだってフレーズはさ〜高橋涼介だよね、この話は現実と漫画が入り混じっているかいないかは読者の方々に任せます。

そしてだイニDの話をしてたらさ〜正丸峠の秋山渉を思い出したよ、ここで言った正丸峠ってのはゲームにも登場する人気の峠で実際に埼玉に現実に存在するスポットなのだが正丸峠って言ったらさ〜【black out】だよねBGMでの話ね、この曲は家庭用ソフトでは別の曲になっていてアーケード版だと正丸峠で秋山渉との勝負のときこの曲が流れるのである、しかしゲームでもそうだがここのステージは道が狭いしかも正丸峠は心霊スポットだからね、蜘蛛女が現れるって話を聞いた事があるが深くは分からん、そんな感じでイニD正丸峠で【black out】