おぴお

限界突破で更新します。

スーファミコントローラー解体新書

お前アンチェインなん?って質問は受付ません、分解し過ぎやろって話ですが、画像無いとさ〜信憑性ないじゃんだからこうして画像を載せたまでのことです。

あの〜簡単にプラスドライバーの小さいやつで開くからね、そんでアレだから精密ドラバーとか言うのもいらないからね、プラスドライバーの小さいやつね、そんで3つ掃除しましたね、ゴムの部分が初期の型のものとそうでないものとが確認出来るのではないだろうか、サウンドシステムも旧型のやつ付いてますよ、あの〜任天堂ソニーが共同開発した伝説の代物がね、アレ使ってさ〜スーファミ音で遊べるそうじゃん、無料ソフトのドミノだっけ?アレで音楽いじれるのか?SFC音で、面白いがなんか【あーるでゅーいーの】だっけ?なんか小さい基盤みたいなのとその他色々必要だそだけども、そもそもそれどころじゃないので保留だなって感じで、ただ分解して洗いましたって話です

コントローラーのL.Rの中が灰色の場合は旧型なんだろうな多分ね、んでよくさ〜コードの部分をUBSに改造してる人も多いですが、Amazonでさ〜100円とかだっか200〜300円だっけな?そんぐらいで買えてしまうので、態々改造する意味無くね?って脳裏を過るもののブログネタだったり別の活用法として用いればそれも十分意味があるんではないだろうか?なんさ〜5年前ぐらから思っていたのだが、無意味だと思われていた事柄が今では金になるって感じで、まぁこれは個人の話なのだが、ただワイが早とちりしてものごとに対して意味無いと思っていただけの話なのだが、少なからずだがスーファミ(SFC)のコントローラーの内部が知りたいって方はいらっしゃるのではないだろうか?そんな中だ画像あれば良いんじゃないのか?って思いまたね、でもさ〜意外とSEOとか関係無いのがさ〜画像検索なんだよな、ハード分解を検索するときさ〜ワイ画像で検索するんだよね、そっちの方が単純に分かり易いからね、分解したものがそのまま見れる訳だからさ〜だから何だって話だがワイはそうしてましね、まぁこれ以上スーファミ(SFC)のコントローラーの話が浮かばないので、雑談を長々と喋っているのだが、後少し終わるのでちょっと待って下さいね、そんで乾かしてだボタン戻してだ、ってかボタンの色間違えるんじゃない?っていう心配は無いですよ、そこは任天堂なのでちゃんとさ〜型がしっかりハマるように設計されているので心配は御座いません、ボケようが無い、仮にボケて色の位置を変えたとしたらだ、加工したって事だし、そんな事したところで・・・・まぁ良い、最後こんな感じです。

と言う事で今回はスーパーファミコンのコントローラー分解して掃除するという記事内容でした。では・・・