おぴお

限界突破で更新します。

色々な雑談とか基本KORGネタ

タツも良いのだが、布団乾燥機あれば冬越せるかな?って思うんだけど実践して無いんだよね、今年の冬はミニマリスト的な思考で布団乾燥機をチャレンジしてみようかな〜って思うのだが、アイリスオーヤマの布団乾燥機が7千円だっけ?そんぐらいでまぁ妥当な値段何だろうと思っているのだが、7千円も使うならKORG買うわって話ですよね、KORGって何のKORG買うんですか?って話だが、任天堂スイッチのKORGもそうだが、昔持っていたDSで発売されていたKORGね、多分既に知っている方もいると思うが、ミニマリスト的発想から持っていた物を全て売り払った、第一次物を手放します大作戦を決行した事は既にブログでも述べた通りだが、手放したものの中にはDSソフトのKORGも含まれていたのである、あの時は手放して良かったと思っていたが今では能力を向上させる材料が減ってまでに過ぎなかった、これはミニマリストが悪いと言っている訳では無く、後悔などの邪念と物の選別に対する意識がまだミニマリスト的な精神に到達していない状態だと察しているつもりだ、まぁ人間の感情というのは波みたいなもので、その波をマクロで見ても波、離して見ても大きな波に過ぎないとすると、FXのチャートみたいになるだが、この摂理っていうのは全てのものに置き換えられるので無いだろうか、一つは水面に石を投げ入れて波が起こる、詰まりははごろもフーズって事だ、もっと分かり易く言うのならば海の波ってだけの話だ、そして周波数の波などこの世の大抵の原理は波のようなものだと薄々思っているよ、ではこれらをコントロール出来ないか?が問題で中でも感情のコントロールなのだが、単刀直入に言う精神コントロールはまずは食べ物は人間の感情の70〜80%は支配するとワイは考えている、中でも砂糖(白糖)は精神ダメージが大きいでは何故か?ミネラル消費がデカイと考えてる何故虫歯発生するのか?それらの疑問を考えると薄々気づいてくるだろう、砂糖など甘いものを食べてブドウ糖を脳に送り込んで脳に良いのか?これは一時的なものなのでは無いだろうか?その後の副作用が大きいだろう、子供の症状を見ればわかると思うが、コカコーラとかの話で結構あったよなこの類いのやつ、まぁざっくり言うとだ、砂糖は人類初の精神を大きく揺さぶるものだろう、そこから石油由来の薬(精神薬)へと移行するのだろう、もっとざっくり言うと砂糖(白糖)はゲートウェイドラッグのカテゴリーに含まれていてもおかしくはないだろう、まぁこんな事を言えば切りが無いよな、あれも毒これも毒ってね、そんでアリだって砂糖に群がって来て食べてるじゃんっていうが、アリは砂糖だけの世界で死んでしまうっていう実験をしてたよねYouTubeの動画でそこには、一つはアリ用のゲル(アリ育てる用のキット)もう一つは砂糖だらけのビン、その2つで生活させた場合砂糖だらけの方が全滅してしまったのだ、勿論ゲルの場合でも死んでしまったアリはいたが、砂糖だけの場合アリは死んでしまうのだった、確か犬にチョコレートを食べさせるのは危険という話だが、昔何かで聞いたが、胃に穴が空いてしまうとかの理由がかるそうだ、正しくは分からんが、そして何故人間が食べるものを動物が食べてはいけないのか?なのだが、単純に味付けが人間の食品は濃いからだとかも考えられるが中でもグルタミン酸ナトリウムによる犬の癲癇を誘発させるのではないだろうか?と考えている、何故チワワなどの小型犬に多いのか?など考えられるが単純にものの体積が大きいか小さいかの問題だけだろうと思う、勿論人間でも癲癇症状は存在するのである、癲癇とグルタミン酸ナトリウムは全く関係無いという人もいると思うが、原因は必ず存在するだろう、その症状の時代背景を探ると原因が直結する場合があるだろう…って何の話ししてたっけな?まぁそろそろ眠くなっていたので寝るわ