おぴお

限界突破で更新します。

松本零士って結構色々あるよねって雑談

ってか銀河鉄道999のメーテル〜また一つ星が消えーるよ〜ってやつ聴きたくなって検索したら、青い地球っていうんだね、知りませんでした。曲は聴いたことあるけどね、そもそも銀河鉄道999自体ガキの頃、テレビの再放送で見た程度なのでちゃんとは見てないけども、最初キャプテンハーロックって別マンガだと思ってたからね、宇宙戦艦ヤマト書いてる松本零士なのは知っているがね、松本零士と言ったらあの帽子の画像が思い浮かぶと思いますが、ワイの中では松本零士と言うとさ〜裁判を起こした人って感じで、結構気難しい感じなのかな〜って思ったが、そもそもなんで裁判になったのか?って話だが、wikiに載っているんだよね、2006年、槇原敬之CHEMISTRYに提供した楽曲『約束の場所』の歌詞の一部が、1996年から再開された新展開編『銀河鉄道999』の作中のセリフの盗用であると、松本零士は10月19日発売の『女性セブン』で槇原敬之を非難したってねCHEMISTRY 『約束の場所』MV - YouTube

そんでCHEMISTRYって言ったらさ〜当時アサヤン(ASAYAN)で生まれた歌ウマ、デュオで川畑と堂珍が有名ですよね、このときのオーディションでEXILEのネスミスとアツシ(ATSUSHI)がいましたもんね、堂珍がダントツで歌ウマだったことは当時のつべの動画などで確認できると思いますが、そんなCHEMISTRYの『約束の場所』の歌詞が問題あったと言うか松本零士に何か引っかかる部分があったんだろうってか、松本零士CHEMISTRYの『約束の場所』をラジオか何かで仕事中に聴いたのかな〜って感じで予想されるのだがどうだろうか?まぁそもそもCHEMISTRYはあんま関係なくて『約束の場所』の歌詞を作曲した槇原敬之(マッキー)と裁判となるのであった。なんか久々にマッキーの曲が聴きたくなったって人多いではないでしょうか?

槇原敬之 - もう恋なんてしない - YouTube

そんな感じでどうなったのか?って話で最終的には2009年11月26日、東京高裁で控訴審が開かれ、松本が「槇原さんの社会的な評価に相当な影響を与えた」と陳謝する内容を和解条項として、和解が成立した(金銭支払なし)wikiより

そして、松本零士ダフト・パンクDaft Punk)のOne More Timeが有名でもある、コレってさ〜ダフト・パンクのメンバーが子供の頃松本零士の作品を見ていてファンだったから、ミュージックビデオを描いて欲しいって依頼があったんだっけ?多分そうだよな?だからダフトパンクのMVが松本零士なんだな〜ってのが分かったよDaft Punk - One More Time - YouTube

んでペンタトニックスも歌ってますね[Official Video] Daft Punk - Pentatonix - YouTube