おぴお

限界突破で更新します。

底抜けAIR-LINEから学ぶ芸術とネタの時期

この人ピコ太郎だからね、んでピコ太郎の原型はさ〜こんな感じで相当前からやっていたのね、みんなのテクノ体操 - YouTube

ってかこの頃から既にピコ太郎のベースは出来ているんだね、だが時期が早すぎたって感じで、つべが出てからこの路線が生きたって言うか海外勢にヒットしたって感じかな〜やっぱこうテクノとかさ〜音楽関係強いよな〜まぁ元々はつべって言うのはクリエイティブなコンテンツなんどと思うんだよね、そんなんだからヒットしたんじゃないかな〜って思うんだよね、やはり海外勢は芸術を重んじる傾向にあると思うんだよね、現に芸術家が紙幣になるぐらいだからね、日本はなぜだか芸術家を紙幣に描かれてないしそんなに肖像にしていないよね、まぁこれって言うのはさ〜国民性なんだろうけども、芸術ってのはさ〜一種娯楽的な感じで、東洋的発想では三国志劉璋的な感覚が残っているのか?

三国志 Three Kingdoms 第67話 劉備、益州を領す【日本語吹替版】 - YouTube

動画の22:10辺りに主の劉璋の絵見て享楽にふけっていたとはという部分がある、これは絵と言うよりエロ本的な感覚の代物なのか?と解釈して良いのか?まぁこのエピソードと芸術を一緒にするなって話は十分承知の上なのだが、この紙幣の肖像に選ばれる人は・日本国民が世界に誇れる人物・一般的によく知られている人物・偽造防止の面から、なるべく精密な人物像の写真や絵画を入手できる人物とある

まぁ三国志の時代と比較するなってのは確かに分かるね、戦争有りきの時代だしね、でもさ〜平和になってまだ100年も経ってないよな〜だから泰平の世を維持するのはそれだけ難しい話なのであろう、んでだ以前岡田斗司夫の動画で言っていたが、核が戦争の抑止力となって、伝染病も何とか阻止出来るようになり、これはだ力で抑えられた状態で人間自身の精神的進化ではないよね、ここから新たな人間のアップデートが始まる時代だよって言ってたもんな、スピリチュアリズム的には新たな精神向上みたいな感じで、金の流れも変わって来ているもんな〜、つべの存在でね、だからピコ太郎として復活した底抜けAIR-LINEなのだろうね、相方はどうしたのか?はわからんが、そんな感じで昔のネタも時期と下ろす場所が悪かったなんて事があるあるだもんね、場所が違ったみたいな感じの、まぁ俗に言う場違いってやつだったりするから、時と場所とモノを見定めれば何とかなるって事だろうね