おぴお

限界突破で更新します。

さっきの続き雑談

そんで先程の続きで、ナウシカトップクラフト制作で庵野秀明は元ジブリスタッフではないという話もここで書いておく、そして先程の続きの植物の話へと移りたいと思う、ここで風の谷のナウシカで植物が登場するだが、胞子を吸い込むと死ぬみたいか感じで毒ガス地域的な区域があるじゃんあの植物ってのさ〜巨神兵が存在した時代の負の遺産的なもんで、原発のようなもんだろうね、そんでナウシカの植物ってのが内海聡の本にもあったよね、この内容はさ〜麻の話で麻は歴史について語っている内容である、結論からいうが麻は言うまでもなく危険で人間が扱える代物ではないという話である、この内容は非情に興味深い内容である、この麻という植物は地層の毒を吸い取るという特殊な植物とある、本ではPHC含有量ってあるけどこれはテンプシードオイルっていう健康なものとあるが毒の濃度と考えて良いのか?素人にはわからんので、ざっくりと話して行くPHCっていうと化粧品か?って思ったがどうやら関係ないようだね、まぁこれはネタとしてだ、この麻の特性を利用してチェルノブイリ原発の周辺では産業用大麻を植え地中の毒を吸い取る目的に利用しているそうだ、まぁこの内容は内海聡の本の中にあった話なのだが、風の谷のナウシカの植物と麻の構造が近いという話になっている、この本にも風の谷のナウシカの話が載っていたので記事でも書いてみました、そんな感じで岡田斗司夫の話へと戻るが、文明が崩壊してから、文明を知っている世代の子供の時代は、以前栄えた文明に然程興味を持たないと言った内容をいっていて、そうして世代交代して行くうちに文明は無くなって行くった下りで、文明が続いてる現在では目的が変わってくるという事態が起こっているのだから、増税はニューワールドオーダーと繋がっているのか?という邪推は現実なものとなるか?ただの陰謀で終わるか(ノストラダムスの大予言的な感じで忘れ去られるか?)って感じで、正にこの状況はある民族衰退の傾向と思える事態なのでは明白なのである、移民の量といい、これはレイシズムだと考えてる方もいると思うが今起こっている事実が全てで政治家がテレビで話ことなど誰も見てないだろうね、起こる事実が全てで行動が結果ということないだろう、だからこの現状から離脱か他の方法で対応して行かなくてはならにのである、んな感じで今どんだけ書いているのだろか?って感じで、これ多分6記事ぐらい書いているんじゃないか