おぴお

限界突破で更新します。

増税に対する愚痴

はい、これからどうでもいい愚痴書きますんで、お時間が無い方は自分のブログに費やするなり、時間を有効に使う為に損切りしてちょ〜、ではいくで〜増税前に買い溜めする人は多いだろう、ワイもさっきAmazonで生活必需品をポイントを駆使して買い溜めしたからね、備蓄と言う自称ミニマリズムに反する行為をした事をここに書き記しておく、人生に例外は付きものだろ?正当化してなんぼやろ?そもそも増税っていうブレイカーズのDAIGOのお爺ちゃんである竹下登からスタートしたんだよな、1988年12月消費税法成立とある、消費税法を施工し税率は3%からスタートとなっていたよな、そっから皆さんご存知通りどんどん官僚などが上げていったんだが、もう増税ネタは腐る程聞いたし、年金制度ですらこの現状である、でもさ〜色々な事を集約してさぁ、かんぽ生命だって今になって問題が明るみになっているが、なんかで見たが当時の社員の上司がこう言ったそうじゃん、お客からどう騙して金を取るか?って部下に言っていたそうだ、まぁどこも建前はいい事言うが、大抵の会社はこのパターンなのは知っているが言わないだけの話だ、これが入社1年目のハツラツとした顔から、2年目の疲れ顔的なツイッターイニエスタ画像みたくなるのが関の山かと思うのだが、もう政治家だの清和会系だの経世会系だのはフェイクなんじゃない?って感じで、誰々がって話自体そんな事はどうでも良い、問題は個人がどう生きるかと言った具合で、因みにワイが今使っているスマホiPhoneなのだがiPhone5なのである、用が足りてしまうからね、バッテリーは自分で3〜4回だったかな?変えましたよ、タッチパネルも壊れた時もAmazonで交換部品買って直しましたね、そんで今こうして、メモ書きを駆使して記事を書いているのだが、詰まり何が言いたいか?と言うと、物を買わないという思考に知らぬ間に方向転換しているのだろう、単純に金が無いだけだろ?と思うかも知れないが、それよりも他の所に執着していると考えた方が正しいだろう、以前までは金が無きゃ稼ぐといった考えは当然の如く流れであるが、コレは同じ事の繰り返しで、有限なものを食い潰しているに過ぎない、人間のやる事は全て意味のある事だと思うのも良いだろうが、1000年のスパンで考えたら人間のやる事に意味など存在しないという虚無主義的な思想になりうるのである、この内容はある本と一緒の内容じゃないか?って思う方もいらっしゃるのではないだろうか?まぁそんな事はどうでもいい話しで、最終的に何が言いてぇのかって言うとだ、増税ふざけんなって感じの内容でごんす。