おぴお

限界突破で更新します。

無人島生活のBGM聴きながら雑談

この曲よく黄金伝説とかで無人島の濱口のBGMで使われてるやつだよね

レマゲン鉄橋』(原題:The Bridge at Remagen)は、1969年にアメリカ合衆国で公開された戦争映画。wikiレマゲン鉄橋 - Wikipedia

だからなんだって話だがただ聴きたかっただけのことだ。

では、以上です。また・・・

 はい、こっから雑談です。

特に話すことは何もないが、一応1000文字って決めたもんだから適当に文字を埋めて行こうと思うのだが、時間の無い方は当然損切りでいつもの感じでよろ☆

んでね〜この映画ワイ見たこと無いんだよね、wikiでさ〜ざっくり内容を見たのだが、第二次世界大戦末期の1945年3月に行われた、ライン川に残されたほぼ唯一の橋であるレマゲン鉄橋ルーデンドルフ橋)をめぐる連合軍とドイツ軍の攻防戦を描いている。wikiよりって書いてあったよ、日本では1970年3月21日公開だったようだ、んでつべでどんな映画か見たらドイツ軍らしき男が映ってましたね、これナチですね、ハーケンクロイツのマークが出てましたもんね、そんでドイツ軍:フォン・ブロック上級大将、クリューガー少佐、シュミット大尉、アメリカ軍:バーンズ少佐、ハートマン中尉、アンジェロ軍曹、シンナー准将となっている、なんか分からんがシモ・ヘイヘ思い出したわ、この戦争とは全く関係ないが、フィンランドの軍人のようだwikiより

んで96歳まで生きてだ、1905年12月17日 - 2002年4月1日、つい最近まで生きていた感じだからね、詰まりはだ「おっととっと夏だぜ!」が発売した翌年に亡くなった計算になる、この時代観をみるに約100年近くのスパンはここまで人間の感覚を変えるものなのだという、ある種ギャップ(懸隔)みたいなものを感じるのである、何も面白おかしくしようとしてる訳ではないのだが、おっととっと夏だぜって感じでもう夏終わったよって人も多いと思いますが、まだまだ暑いからね、日にちとか日数に決めるんじゃなく、季節間は皮膚感覚で決めるのが、古代の教えだと思うのだが、どうだろうか、そんなことはどうでもいいんだが、さっきさ〜文字入れてたら、『思わなんだ』って言ういい回しがあったんだが、これ聞いたことはあっても正直「思わんかった」みたいな感じだろって思っていただけで正しくは調べてなかったので、調べましたらYahoo知恵袋にあったよ「知らなんだ」とか「思わなんだ」ってどこかの方言ですか? - 「知らな... - Yahoo!知恵袋

そんな感じで『思わなんだ』→『思わんかった』でいいようです。

あんま使うとキレる人もいるようだよ、そんなことはどうでもいい使いたきゃ使えってかんじで楽しむのがいい。