おぴお

限界突破で更新します。

メタルギア無線聞きながら、カジノ実施法案を探る

てかカジノも問題なのだろうが、ソシャゲガチャがヤバイってのも事実でもあるよな〜

でもさ〜カジノあって何がヤバイのか?って思ってネットで調べると

マネロン、治安悪化、ギャンブル依存症とある、まぁギャンブル依存症は今に始まったことじゃない、個人の問題であるだろう、んで、マネロンは日本でやるなやって感じであるはっきり言ってこのマネロンがどのように洗浄されるかわ分からんが、これは後にわかるだろうと思っています。

んで治安悪化なのだが、治安の悪化はマカオを例にとると、カジノのVIP ルームでの競争激化を発端にマフィア間の抗争に発展し、一時治安が悪化したことがある。

少ない客なら問題ないけど、多くなるとコントロール出来ないようだ。

これさ〜外国マフィアが来るとなるとヤバイね、メキシコの犯罪組織ロス・セタスなんてのが来たら、国内いながらメキシカンって感じでヤバイ事になるだろう、まぁそんなことはないからって思うかも知れないが、ハザールマフィアがやる事は我々の基準を超えた世界基準で来るので、本当に止めようものならって感じで覚悟は必要だろうと思う言うまでもないが、日本的治安悪化なのか世界的治安悪化なのかでは全く意味が違うが、どちらにしろ危険なのは変わらないだろう

そんでIR実施法案の日本版カジノ

この法案では、日本人や日本在住の外国人の入場料は6,000円となっており、訪日外国人は無料です。国内の利用者に対してはギャンブル依存防止の観点から高めの料金が設定され、訪日外国人には観光客の誘致拡大のため無料となっているのですね。また、日本人には入場回数の制限が設けられており、週3回、月10回までが上限となっています。さらに本人確認のためにマイナンバーカードが使用されます。カジノ事業者に課される納付金は、定率で収益の30%とされます。徴収した納付金は、施設が置かれている都道府県と国で折半し、観光や福祉などに充てられます。カジノを含む統合型リゾートの数は、当面は3ヶ所が上限となっています。施設の誘致を希望する地域の声に配慮するため、最初の区域認定から7年後に認定数の見直しができるようになっています。このIR実施法案は、与野党の激しい攻防の末、2018年7月の通常国会で成立しました

ジャックス公式サイト引用

日本人や日本在住の外国人の入場料は6,000円となっており、訪日外国人は無料

これは日本人の為のカジノではない外国人の為のカジノであることが分かるね、日本人には入場回数の制限が設けられており、週3回、月10回までが上限となっています。さらに本人確認のためにマイナンバーカードが使用されます。

やはりだマイナンバーの存在がここで証明されたようなもんだね、マイナンバーが何故存在するのか?ですね、所得管理という名目もあるが別な意味もあるだろう