おぴお

限界突破で更新します。

スーパー32XのCMがGANTZ(ガンツ)そっくり

このCM見てさ〜思ったのだが、なんか漫画のガンツみたいだなぁ〜って感じましたね、確認でもう一度みてみるとわかるが、ドレッドの外国人女性も出てくるこんな感じのキャラGANTZ(ガンツ)にも出て来たよな〜って思いまして、簡単にwikiで調べてみましたよ、はじめにこのゲーム機であるスーパー32Xはいつ発売されたのだろうか?と言う疑問が浮かぶのだが、その部分をwikiで抜粋する

スーパー32XSuper 32X)は、セガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)が1994年12月3日に発売したメガドライブ用の周辺機器である。価格は16,800円。

とある、そして漫画のGANTZ(ガンツ)は一体いつに連載された漫画なのか?

GANTZ』(ガンツ)は、奥浩哉による日本の漫画作品。漫画雑誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2000年7月13日発売の31号から連載を開始、2006年から隔週で連載され、2013年6月20日発売の29号まで連載されたwikiより

スーパー32X - Wikipedia

GANTZ - Wikipedia

このように書いてますねGANTZ連載の6年前にセガスーパー32Xは既に発売された、だとするとGANTZ(ガンツ)作者はこのゲーム機のCMを見て何かしらのインスピレーションを得たのではないだろうか?と考えているのだが、どうだろうか?、それは考えて過ぎであると言う気持ちもあるが、ありにも似ていないかキャラクターにしろ、雰囲気にしろ、少なくとをワイはそう感じたのでありますが、だからどうなんだって話であるが、この6年のスパンは何だ?って話しであるが、漫画家が連載するまでというか漫画家になるまでの時間と考えていいか?わからんが、少年時代か青年時代の印象を受けた映像を漫画という作品にして物体がした時間と考えて6年は妥当と判断するに至ったのである。

これらを踏まえて、漫画GANTZ(ガンツ)で見られる、あの特有のゲーム感まセガのゲーム機スーパー32Xからきていると言っても過言ではないのであろうか?と言う事でネギ星人って感じで、あのテレビ映像ってところもスーパー32XのCMそっくりなのである、そしてGANTZ(ガンツ)自体の内容もゲームそっくりな内容だもんな、これがワイの考えである、検索すれば他の話もあるかも知れませんが、何となく思ったので記事にした次第でございます。長々と話は続きましたが、ただスーパー32XのCMがGANTZ(ガンツ)そっくりと思ったっていう雑談でした。