おぴお

限界突破で更新します。

湾岸ミッドナイトBGMを聴きながら日本の逆走問題について語る

ブラックバードの方が聴きたい、パンケーキ食べたいって方は前にも記事書いたからそちをどうぞ

ここで話す内容は、ゲーム好きのパンイチが適当に思った事を綴った内容であるのでご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

そんな感じで本題に移りたいと思うのだが、何故高齢者になると正常な判断が出来なくなるのか?

単に高齢化だからという理由で終わらせる訳にはいかない、何故なら人様に多大なる迷惑をかけ兼ねないからねある、これは他人事で終わらせることは出来ない社会問題である、では何故個人差で高齢の度合いが違うのか?それは、健康に気を付けているからに尽きるのだが、この健康維持にも個人差はあるが、8割方食い物だと思っていいだろう、そうでなくても持病の方もいらっしゃるかも知れませんが、若くてもアルコールなどの飲酒運転で事故を起こしているという問題も多いこれは運転手の軽率な行動によるものであるが、よくエンジン空吹かししている高齢者の車を見たことがある、確かシルバーマーク付けてましたね、あれ確実にサイド引いて無かったら突っ込んでたぞ〜身近な場面でもこのような事態が起こっている、それが偶々事故にならなかっただけの話で、こんなことが日常茶飯事で起こっているのだ、そもそも正常な判断が出来なくなっている者に車を安全に運転出来るか?の判断力すら皆無である、その観点から警察で高齢者専用の講習などをしているが、それでは正直言って間に合わないのが現状であると考えている、やはり飲酒運転のように連帯責任というように家族間での高齢ドライバーによる危険察知をしなければならないだろう、それでも車がなくては生活出来ないという地域は民間の送迎バスなど、タクシーの新事業として初めてもらいたものだが、人がいないって感じの少子高齢化であるのなら、アマゾンに頼むしかないだろう、アマゾンの無人宅配ロボットって最近ニュースであったよね、あれを役場で導入すればいいんだよ役人のボーナスは右肩上がりなのは事実でこのアマゾンのロボット買ってもへでもないと思うよ、まぁこのように憶測で話すとバッシングを喰らうと思うが、暴走運転が何時何時自分の身に降ってくるか分からに社会よりまだマシなはずである、スピードが遅くてもいいので無人型の送迎など宅配ロボットは今後必須だと思うのは間違いないがこれを日本に導入するまでの道のりが長いことは言うまでもないだろう、ただでさえキャパオーバーって感じの国になっている風潮ではあるが、ただ単にやらんだけなのかも知れないって思うけども、そんなことは知ったことかって感じで、1番簡単なのは運動と食事である、田舎の方で健康で正常な判断の方は多く存在しているという事実もある。