おぴお

限界突破で更新します。

乾物の雑談

タイトルが硬い感じだがコレはコレでいいんじゃないか?って感じの話を初めて行きたいと思うこの乾物なのでが代表格スルメだよね、コレはさ〜少し火で炙ってさ〜そのまま食べても美味いが、マヨネーズと醤油付けて少し七味かけどもいいだろう、だが現在は健康志向の為マヨネーズは控えているので、そのまま食べても十分美味いので問題がないだろう、ここま個人差はあるが自分のお好みに任せるとしてだ、乾物と言ったらさ干したホタテの貝柱が結構旅先なんかであるよね、売店とかさ新幹線で売ってよね〜でもこのホタテの貝柱も美味いからって言ってだ袋全部食べると下痢すっからね、後縦長の入れ物でさ〜1パックにホタテの貝柱1つ入っているやつあったじゃんアレでも駄目な人は下痢すっからね、アレはなんか美味いけどさ〜下痢する人は本当駄目だからね、なぜだかホタテの貝柱はその点では結構強烈な感じではあるが、アレはお酒好きにはたまらないつまみではあるだろう、そん感じでアマゾンリンクしれっと貼っておくで〜

でも、食べ過ぎには注意が必要である、今は夏でただでさえ下痢で脱水症状を起こしたら、夏の暑さが相まってとんでもないダメージとなる下手すれば病院で点滴うってるかも知れない自体になりうる訳で、程々が大事である。んなこと言われんでもわかっておるわ〜ってことで、干し物って概念でもっと言うとだ、梅干しなど亀五郎で鹿のビーフジャーキー作ってる回思い出したよ、そんなのとかさ〜干瓢なんかもあるしさ〜干すことで栄養が凝縮してだ、旨味も増すって感じで太陽の偉大さを感じるのだが、よくベニシアさんがさ〜ハーブ天日干しして紅茶に使ったりするの回かなったか?ちゃんとは覚えてないが、ハーブなんかもさ〜結構天日干ししてるよな〜そんな例を上げたら正直切りが無いからね〜天日干しってものを例に上がるのであれば、無数に存在するだろうからあくまでもざっくり雑談というスタンスを取らせてもらっているである、何より乾物などの干し物は、保存という大事な要素でもあるので、携帯食としても機能していると考えられるのである、そしてまだ争い事が多い時代はこのような保存方法は当然ながら存在していて味噌縄的なものもあったよな戦国時代に、そういえば昔、の記事書いたよな、次いでだから貼っておきますね

3記事も書いてたんか?って自分でも思ったからね、保存食って言うか現在でも乾物を愛するワイではあるが、食べ過ぎには十分注意が必要である。