おぴお

限界突破で更新します。

サンダーバードOPのもつ霊的バイブレーション

これガキの頃聴いたとき号泣したぐらいトラウマだったからね

でも今こうして聴いてみると迫力のある声ですね、霊力が高そうな感じがしました。

オイ、スピリチュアルですか?って感じで、話は次へと進めよう、このサンダーバード歌ってさ〜低音と高音で分けて歌ってる部分あるじゃんソプラノ、アルト、テノール、バスとかあるよな〜あんまり詳しくわからんが、人間がそれをやると音がどのような反応を見せるのか結構疑問に思っている、そんでなんかさ〜昔なんかの動画で見たんだが音を水面か発泡スチロールの丸い粉末みたいな場所で流すと、音の音色によって形状が変わって来るのだ、この技術ってのはさ〜昔なんかあったよな、電気の玉みたいなのあれ関係無いか?でも昔サターンでCD聴いた時、両サイドに四角いキューブ的なものが浮いていたじゃん、そんで音楽によってそのキューブが振動するってシステムなんだけど、これコレってさ〜WindowsVistaとか無かったっけ?音楽再生機能のオプション的な感じで、音によってギザギザした線が出てくるやつね、そんな類のものなのかな〜なんて思っていましたね、でも画面でのものはあくまでも技術的なものなのかな?もっと大事なのは現実の水や空気中の音波がもたらす作用の方がよっぽど何かしらの力は存在するのだと思っている、このサンダーバード音一種霊的なものを感じたのは、なんら少しではあるが御経のような独特の音を感じさせるのである、水面(みなも)に浮かぶ形状でどのような音波かが肉眼で確認出来るのではないだろうか?

どうも稲川淳二ですって感じになってしまいましたが、これはなにも怖い話をしようってものではなく、音や音楽のもつ起源というか真理について少しばかり興味があったまでの話である、よれ故に音楽ってのはさ〜記憶しなくてもさ〜何となく口ずさんで、歌詞を思いだすってことよくあるじゃん、それは脳が本能的に覚えているのであって意図的にその歌詞の部分だけを言おうとしても思い出せないが、サビからの口ずさみで思い出すっていうあれだよね、それだけ音というのは水レベルで記憶するのか?と考えている当然人間は胎児で体重の約90パーセント、新生児で約75パーセント、子どもで約70パーセント、成人では約60~65パーセント、老人では50~55パーセントが水で満たされているそうだ。サントリー記事引用

水の科学「体内での水分の働き」 水大事典 サントリーのエコ活 サントリー

年齢ごとに必要となつ水が減ってくるのか?それはさて置き、水もそうだが人間は血液があるそれで、皮膚感覚で感じる音波というかその類のものをざっくりいって『音楽を感じる』ってニュアンスなのかな〜って考えている、ということでサンダーバードOPのもつ霊的バイブレーションでした。