おぴお

限界突破で更新します。

ピカチュウのを描いた。

ポケカの動画もそうなんだけど、ポケモンってどんだけ市場でかいんやって思っているよ、因みにこれは初期のピカチュウや安定的感じのやつね、ほんとあれってドラえもん超えするんじゃね〜かって感じで天国の手塚治虫も危機感を持っているんじゃないのかって感じで、ドラえもんは漫画出身でピカチュウはゲーム出身って感じでコロコロでは本来ピカチュウの座はピッピがなるはずのポディションで、だが今ではピカチュウで、後付でピチュウって感じで、今回無意識でピカチュウを描かせて頂きました。

そんな感じでナッツハニー記事を書こうかな〜と思ったのだが、ちょっとやめてだ、気分転換にポケモンの絵を書いたよって感じでも記事にして見ました。

この現象ってのはさ〜正に富樫症候群って言ってもかごんではないよな〜何故なら、幽白の作者でもありハンターハンターの作者、富樫が漫画を書く苦悩を別な個人漫画で解消するといった永遠のデスクワーク、この現象で近いものがある、だがね〜ワイは別に仕事じゃないんで苦痛ではないのだただの趣味であるのでから・ピカチュウを描いたのはただのイミテーションなのか?と思いきや違いますね、それはそれはイミテーションに深い意味が込められているのやも知れん、そんなことはどうでもいいわけで、問題はワイがピカチュウ描いたってだけの記事なので内容は全くございません、寧ろ自然的に描いたって感じなので、これと言ったことはありませんね、そんな感じでポケモン市場の大きさに肖りワイはイラストを描いたのだが、反応だどは気になるがそんなことは正直どうでもいいのだが、問題は自分が面白いかっていう基準で仕上げた為そこに深い意味など得にはございません、んでご覧頂けたら分かると思いましが、多少ミッキー入ってません?って匂わせる感じの作風で、本腰を感じない筆運びをしてみたのですが、どうでしょうか?色の塗り具合もまるでパステルかクレヨン(薄いやつ)のような作風を求めました。んなこと言ったがこれ、アプリのペイントみたいなやつを使用しました。手描きではございませんのでご注意を、それとこの絵はChromebookのアプリChrome描画キャンバスを使用しました。そんな感じでピカチュウを描いて見たでした。