おぴお

限界突破で更新します。

アドルフ・ヒトラーの絵画に犬のスケッチがあったのだが、愛犬家の一面もあったそうだ

アドルフ・ヒトラーが描いた絵っていうのは結構有名だあるのだが、そんな絵画の中にヒトラーは愛犬家として有名だったようで犬のラフスケッチがあるのだがソースはこちらです。

gigazine.net

ヒトラーのイメージとはかけ離れた絵だと思った方も多いと思う最初はワイもそう思ったが、一番大事なところはこんな人間がなぜホロコーストの問題を生んでしまったのか?って思うのだが、ここを素人なりに読み解くとしよう。

ここで先に述べることにするが、あくまでも極東に浮かぶ島国の元パンイチの考察に過ぎない、さて恐らくヒトラーからすれば平和ボケしたうぬが何を言うって感じで怒鳴られそうであるが、こんなに上手な犬のスケッチを見るにかなりのアニメ好きになっていたのだろうって思ったよね、おそらくヒトラーが今の時代に生まれていればキャラデザしてたね、ってかYou Tubeヒトラーチャンネル作ってたね、んで犬のアニメーションとか建築動画を作っていたのではないだろうか?って考えているのだ、んでだ、ユダヤ人っていう長きに渡る歴史への問題があるだろうが、聖書的歴史観で長きに渡りユダヤ人を知らない限り、他国の平和なパンイチが語る資格もないのであるが、なぜ近代までも迫害されゲットーといわれる居住地区に住むことになったのか?だがそんなヒトラーがブチ切れして、激怒プンプン丸になってしまった理由があるのだろうと考えている、バカ真面目な人とか清廉潔白な人間のキレ方はヤバイからねそんな感じだとワイは思ってますね、そもそも現代の庶民が学ぶ歴史って言うのは本当の歴史なのか?って思うよね、正直いって学校で学ぶ歴史ってのは聞いてもつまらないって言うか頭に入らないのだ、人の人生なのだし、こそ土地には思い出があるはずなのだが、歴史の授業とかでは辻褄が合わないってパターンがあるし、なんでココの国戦うの?って疑問もかなりあるが、そんな感じで平和ボケしたパンイチが導きだした答えはヒトラー今生まれていたら絶対にお絵かきチャンネル作ってたなって話で締めくくろうと思う。

ここでナイーブな歴史的問題を軽視した発言も多々ございますが、先程もいいましたが極東に浮かぶ島国の元パンイチの考察に過ぎないので寛容な心で見て頂ければと思います。正直ヒトラーの絵の存在は知っていたが犬のスケッチがあったとはって思ってこれは記事にしなくてはならいのではないのか?と思ってしまったんだよね、これカテゴリーワンにゃんという感じで、アルゼンチンに亡命したヒトラーも本望なポップな内容だと思います。