おぴお

限界突破で更新します。

情報商材っていうものについての雑談

なんかマナブさんの情報商材がヤバいって感じの話が出回ってますね〜そもそも情報商材とか買うガチ勢ではないワイであるが、ワイのいう資産構築っていうものは皆さんが思うほどのものとは到底違った価値観のもとこの言葉を使っているのでありますが、それは一体なんのか?っていう話なんだが、資産っていうけど今の時代なんでも資産になるんじゃないか?って感じなんだよね、そんなホンワカした答えなので、はっ?って感じともう一つ、は〜って?感じなのだが、こんなことを考えてしまったんだよね情報商材ってのはさ〜ネットで稼ぐ方法とかプログラミングを活用した何か?ってことなのか?正直ワイはSEOとかプログラミング知らないけども、これってつまりはツールみたいなもんなんじゃないのか?こっから商品を作らなきゃいけないんだから相当なイマジネーションが必要ってことじゃないのか?それを12万の情報商材とかで何とかなるかも知れないが、そんぐらいの価格の品物でほぼ誰でも稼ぐるってのは長くても2〜3年か?もっと早いか?って感じの代物なのではないのだろうか?って思うだよね、それだったら、他にネット収益を生む何かを自分で探し始めたって良い訳だよね、時間と労力を抜いたもので稼ぐってのは、博打とFXとかなんじゃないのか?って思っているよ、それもそれで良いが、揺るぎないものを求めるのならリンカーンみたく『もし8時間、木を切る時間を与えられたら、そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう。』って感じの感覚で良いんじゃないのか?って思うんだよね、んでエイブラハム・リンカーンってのは黒人奴隷解放ってイメージ強いがそれと同時にユダヤ人差別をなくそうとしたってのもリチャード・コシミズの動画であったのだがどうだろうか?でもwiki一方で、インディアンに対しては強い迫害の姿勢を見せ、民族浄化とも言われるロング・ウォーク・オブ・ナバホや、ダコタ戦争を始めとする多くのインディアン戦争は、リンカーン政権下において行われた。ってあるし最後リンカーンアメリカ史上で初めて暗殺された大統領となった。これ確実になんかあるよね、暗殺されるってのは何かしら絡んでるからね、んでリンカーンの別名がスプリングシュタインっていうらしいね、分からんけどね、って感じで話は脱線したがこのリンカーンの「もし8時間、木を切る時間を与えられたら、そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう。」っていうのは事実なのだろう、よって自己投資期間が長いものの方がなんとなくだが揺るぎないものなんじゃないの