おぴお

限界突破で更新します。

You Tubeの収益規制についてワイなりの考え雑談とか今後どうするのか

You Tubeの収益規制が厳しくなって来てるようだね、ワイはあんまつべの内情知らんからかなりざっくりした内容ではあるが、聞くところによれば

 

・自動音声のチャンネルも収益化されないようだ( 自動読み上げみたいなやつ)

 

・当然文字スクロール動画も収益化されない。

 

・漫画(あれはどう見てもアウトでしょ)

 

・ラジオ配信も収益化になりにくい

 

とか言っているけど、これはまだ断定はできないのでこんな感じなのかな〜程度でいいんじゃないか?って思っています。

でもGoogle Adsenseの規約もあるもんね、You Tubeではない規約もGoogle Adsenseでアウトって言う場合もあるもんね、でもさ〜結局はGoogle AdsenseがないとYou Tube収益化も出来ないわけだから、どちらもちゃんと守らなければならないって言う当然のことを言ってまでである。

後未成年を守る新規性って言うのも結構前にあったよね、そんで有名企業の広告が休止したもんね、ディズニーとかマクドナルドとかね、でも一時的に停止だから問題が解決されれば広告収益が増えるんではないのか?と思っている。

だからあれだね、基本的に分別のある人なら、これヤベ〜だろって思うものは止めればいいだけの事だし、何よりYou Tubeってのはクリエイティブなものを好むんだから、ここを解釈しなければならないよね、芸術系はやはり支流主流だと思うよ、ヒカキンだってはじめはボイパ(ヒューマンビートボックス)出身だからね、要は芸術だよね、音楽というそんなクリエイティブなものを好むって事なんじゃないかな〜って思いますね、特に海外とかは通貨とかに芸術家が載っているってパターンが多いから、そういうものに重きをおいているのではないのかい?って思っているんだがどうだろう?

だからYou Tubeの収益化は基本顔出しってい感じなんだろうね、だが例外も存在して、芸術的なものに対してはかなり有利なんではないのか?ってワイは思っている、だからそれだけスキルが必要ってことになってくるのだろうと考えている、ただ単に金目的に動画は確実に淘汰されてくるのは確実で、時間の問題であることは皆さん既にご存知かと思います。

でもさ〜例としてゲーム作りましたってなったら、わざわざ動画とか使わなくてもアップルストアで売って、そこに広告を埋め込めば収益を獲得出来るというのは有名だしね、動画にこだわらなくても新たなサービスがボンボンと出て来るんじゃないかな〜って思いますね。