おぴお

限界突破で更新します。

レインボーマンPO聴いて思った雑談「インドの山奥で、修行して〜、ダイバダッタの 魂やどし〜」

実のところ、レインボーマンって初めて知りましたよ、だって世代じゃないからね

んでだ、このPO聴いて思ったのが、兎に角面白い、「インドの山奥で、修行して〜、ダイバダッタの 魂やどし〜」って言う下りが面白いね、でも思ったのだがこれ何時のアニメなのか?という疑問が脳裏をよぎる、そこでwikiみたら、1972年(昭和47年)10月6日から1973年(昭和48年)9月28日までNET系で毎週金曜日19:30 - 20:00に全52話が放送された。聖闘士星矢の元祖みたいな感じなのかな〜なんて思っているのだが、でもなんかレインボーマンOPの曲調が結構軽い感じで聴き易い印象がありますね〜だって、「インドの山奥で、修行して〜、ダイバダッタの 魂やどし〜」のところなんてさ〜軽く旅行行くみたいな感じでサラッと歌うからね、インドの山奥でって感じでさ〜気軽感はあるよね、そんでだこのインドってさ〜一時期さ〜インドに自分探しの旅行くみたいなの流行った時期あったけど、それの火付け役でもあったんじゃないか?このレインボーマンOPってさ〜、ちょっと無茶あった?この流れは?

つまりは皆インドに旅行くって人は少なからず、このスピリチュアリティは持っていると思うよ、それをもっとこう宗教感っていう壁みたいなものを崩して、砕けた感じがレインボーマンPO的な感じなんじゃないかな〜なって思っています。

んでだ、ここでもう一つの疑問としてダイバダッタって誰なんですの?

多分勘の良い読者ならおわかりだろう・・・・なんとなく 釈迦の親戚かなんかだろ?とか偉い坊さんだろ?ってワイも最初そんな感じでしたので、なんかモーゼみたいなキャラで気になったのでwikiみたらあったね、ダイバ・ダッタ【提婆達多】 は、釈迦仏の弟子で、後に違背したとされる人物である。厳格な生活規則を定め、釈迦仏の仏教から分離した彼の教団は、後世にまで存続した。インドの山奥に住む150歳の聖者であり、現地の人々にも信仰されており、様々な超能力を持つ。

こんな感じで道徳感あるアニメでっせ〜って感じであるのだが、ここで登場する悪の組織が凄いネーミングがその名も【死ね死ね団であるこの名前から言って現代ではアウトなんじゃないのか?Google的にこの単語大丈夫なのか?って思うぐらい、極端なネーミングであるのだが、現代のポケモンロケット団が可愛いネーミングなのだな〜という感じで、教育面でも気を遣っているんだね〜って思ったよ、そんな感じで昔だからねって感じでレインボーマンPO聴いて思った雑談でした。