おぴお

限界突破で更新します。

ドンキーコング2BGMを聴きながら考える教材地味た話になってしまう

ディディってさ〜コマンド入れないと、お手玉やるからね、ってかジャグリングか?じゃディディはジャグラーって事で宜しいでござんしょうか?

少しばかし寒いがまぁ昨日よりはましかな〜なんて思ってます。

んで今日はドンキーコング2だね、ドンキーコングシリーズってさ3までだっけか?曲は未だに良いBGMばかりであるが、ディディの側転技って的に当たると加速がついて進むって感じ技なんだけども、なんか玄人のプレイ動画みるに、敵に側転攻撃をするやディディが側転状態で空中をずっと進んでいるって言う技があんだが、あれは恐らくはステージ限定のバグみたいなものかと考えているのだがどうだろうか?まぁ正直そんなには深いく考える事でも無いのだが、ドンキーコングもやり込めば、いろんな遊び方があるんだな〜なんて考えている、まさにこの事はストリートファイターでお馴染みの梅原大吾が語っているように、遊びって言うものは何十通りの遊び方があるんだよって言っていた通り、まだ知らぬコマンドや要素がその一つのゲーム隠されているやも知れぬ。

でも今更1からゲームをやる気にはならないのが事実である、ここで時間を言い訳にするか?だが現実的に時間がないことは事実であるのだから、これは言い訳50%の事実50%って言っても嘘にはならないだろうって考えている、だが何故時間がないと言う自体が主流であり当たり前な世の中なのか、それは簡単で時代は「はじめ人間ギャートルズ」へ飛んでみよう、EDでも「なんにもない」って言っているようにそれは、本来は人間皆自由であり、以前でも述べたが水木しげるの幼少期のルーズなライフからの戦争を経験し帝国主義へ、近衛文麿ってのは貴族で天皇へも胡坐をかいて話すほどであったとある動画で聞いたのだがこれが事実かどうか定かではないが、んだそんな軍国主義の中の教育ってのはどんなものだったのだとうか?なんて少し興味があるのだが、教育勅語ってのは道徳教育の根幹となった勅語とあるが、道徳や倫理って感じのものだったのだろか?その話は置いておこう、そんな教育が進んでいるのだが何時からこのような時間が無いって言う時代になったのか?と言う疑問が生まれるこれは正に古代バビロニア奴隷制がいまだに続いていることを物語っているのだろと考えられるのだが、これが帝王学というものの現在の在り方なのではないのであろか?、そんな中生き抜いて行かなくてはならないのだから、益々厳しいくなる、消費税10%など不安な年金破綻、食品の危険性TPP問題、種子法などなど、ナポレオン・ヒル プログラムで武装しなくてはならないのかと思うのだが、その中に信念と実現と言うものがあり、信念とは「行動化された思考」。ゆるぎない信念は”力”に変わり、あなたの限界を打破します。深遠を心の中に「実現」させ、思考と結び付けるノウハウを学びます。

これはワイの限界突破の思考と全く同じプロセスなのだがワイは一切このナポレオン・ヒル プログラムを見てないからね。

まぁそんな感じで既に1000文字を超えていたのだここまでとする、本当ははじめ人間ギャートルズ下りでムッシュかまやつの話に移ろうとしたが止めたよ、ではまた。